FRI トップ > FRIキャンプ > 参加者の感想 > 自分を見つめ、見つめられる3日間

自分を見つめ、見つめられる3日間

針谷秀夫さん (東京工業大学2年生) WinterCamp 2013参加 

僕がFRI campに参加したきっかけは「面白そうだから」「なんとなく力をつけようと思ったから」といった至極単純なものでした。しかし、3日間文字通りとことん思考をめぐらせたこのFRI campで、僕はたくさんの刺激をもらって帰ることができました。


FRI campで感じたことをまとめると、主に2点になります。

1点目はチームワークの難しさです。
通常の勉強等と違い、この場では課題に1人で取り組むことはありません。常に5~6人のチームで1つの課題に当たることが求められます。

僕の場合、自分の考えが正しいという思い込みが強すぎたと思っています。最終的には自分が提案した方向に議論が進みましたが、だからといって自分が威張って良いわけでもなければ、自分の発想が優れていたわけでもありません。

なぜ異なるバックグラウンドを持った人々と1つの課題に当たるのか。純粋に5~6人で考えたほうが頭数も増え、豊富で多様な指向性が望めるからだと思います。

各人が持つ意識のベクトルを縛りすぎることなく、議論うまく反映させていくこと。チームという特性を生かすための、意識付けというものについて考えさせられたと思っています。
FRI campの場での試行錯誤は将来、仕事に当たる時にも確実に役立つのではと考えています。


2点目はフィードバックの手厚さです。
通常のビジネスコンテストやインターンなどでは、議論の結果として作成されたアウトプットに評価軸を置きますが、FRI campではその議論の過程まで評価します。しかもスタッフの方々が3日間付きっ切りで評価して、アドバイスをくださいます。

さらに斬新なのは、議論を交わした相手であるチームメンバーからも、自分の3日間の働きぶりを評価される仕組みがあることです。これがまた率直な感想が多く(熱い議論を交わした後だけに皆心を開いているのでしょうか)、様々な意味でショックを受けるとともに自分では気づきにくい思考のクセを指摘してもらい、自分を客観視することができたと考えています。

これだけ長時間、色んな人に「見られている」意識を持ちながらワークするのは、他のイベントでは経験できないことだったのではないかなと思います。

FRI camp中だけでなく、終了後のフォローメールや、あたたかなメッセージまでいただいたFRIのスタッフの皆様には、感謝してもしきれません。
将来の目標に向けて、自分の現在地を知れた、FRI campはそんな場でした。今思えば、動機はともかく、あのときFRI campに飛び込んだのは大正解でした。

Camp専用コラム
情報収集で気をつけるべき5つのポイント
キャンプ最新情報
【関東】FRI Winter Camp 2017の申込を受付中です
Campスタッフによるキックオフ合宿を開催しました
FRI WinterCamp 2016を開催しました
FRI WinterCamp 2016スタッフ紹介を更新しました
参加者の感想を更新しました
責任者挨拶を更新しました
【関東】FRI Winter Camp 2016の申込を受付中です(本イベントは終了しました)
FRI WinterCamp 2015を開催しました
FRI Campスタッフ向け勉強会を実施しました
【終了】【関東】FRI Winter Camp 2015の申込受付を開始致しました
開催報告をアップしました(FRI WinterCamp 2014)
【終了】【関東】FRI Winter Camp 2014の申込受付を開始致しました
【終了】【関西】FRI Winter Camp 2013の申込受付を開始致しました
【終了】【関東】FRI Winter Camp 2013の申込受付を開始致しました
FRI AutumnCamp2011参加者の声をアップロードしました
【終了】【関東】 FRI WinterCamp 2012の申込受付を開始致しました
【終了】【関西】 FRI AutumnCamp 2011の申込受付を開始致しました
【関東】FRI Winter Camp 2011の申込受付を開始致しました
【関東】FRI Cafe第5回を1/31(日)に開催します
【関東】FRI WinterCamp 2010の申込受付を開始致しました
Summer Camp2009の開催報告をアップしました
Winter Camp2009の開催報告をアップしました
【関東】FRI WinterCamp2009の申込受付を開始しました
Summer Camp2008の開催報告をアップしました
FRI AutumnCamp 2008の申込受付を開始しました
FRI Summer Camp 2008の申し込みを開始しました
Winter Camp2008の開催報告をアップしました
責任者挨拶を更新しました。
Winter Camp 2008の申込み受付を開始しました
Autumn Camp 2007の開催報告を掲載しました
参加者の感想が増えました。
キャンプの説明
FRI WinterCamp スタッフ紹介
FRI Campとは
プログラム内容
FRI Campのプログラム内容
責任者挨拶
FRI WinterCamp 2017 責任者 – 右田卓也
FRI & Associates 副理事長 - 高橋建人
FRI AutumnCamp 2010 責任者 - 杉村賢治
FRI AutumnCamp 2009 責任者 - 矢代雄一
参加者の感想
社会人スタッフが参加者の成長を本気で応援してくれる
自分の課題を発見し、解決する道筋を定めることができた
自分を見つめ、見つめられる3日間
夢を目指すことへの「やる気」と「希望」を与えてくれた
「日々頑張ろうと決意させてくれたキャンプでした」
「自分自身を知ることができた」
「自分の強みや弱みが見事に浮かび上がりました」
「自分が変わるきっかけを見つけられた」
「成長への次なる課題を与えてくれる場であった」
「みんなと真剣勝負でぶつかり合えたことの意義は大きかった」
様々な学生と交わって「自分のレベル感」を知ること
よくあるご質問
Q.遠方からでも参加できるのでしょうか?
Q.事前や当日の情報収集はどうすれば良いのですか?
Q.1年生・2年生なので、こういったイベントは、まだ早いと思うのですが?
Q.インターンとは何が違うのですか?
Q.初めてのビジコンですが、大丈夫でしょうか?
Q.参加者同士で交流する機会はありますか?
Q.参加者の構成はどうなっていますか?
Q.ノートPCは必要ですか?
Q.インターネット環境はありますか?
Q.Campに必要な持ち物は何ですか?
Q.女性でも参加できますか?
Q.社会人でも参加できるのでしょうか?
Q.途中から参加したり抜けたりすることは可能ですか?
Q.就職活動などの予定が入ってしまった場合、キャンセルできますか?
Q.チームの足手まといにならないか不安ですが、大丈夫でしょうか?
Q.他のビジネスプランコンテストとは何が違うのですか?
Q.参加資格やセレクション(選抜)などはないのですか?
Q.これだけの金額で本当に効果があるのですか?
Q.社会人と交流する時間はありますか?
Q.FRI Camp の参加に向けて事前にやっておいた方が良いことはありますか?
過去のキャンプ
WinterCamp2016開催報告
FRI WinterCamp 2015開催報告
FRI WinterCamp 2014総評
WinterCamp2012 - 写真ギャラリー
WinterCamp 2012総評
WinterCamp2011 総評
Summer Camp2009 総評
Summer Camp 2009 開催報告 - 個人賞
Summer Camp 2009 開催報告 - チーム順位
Summer Camp2009 - 写真ギャラリー
Winter Camp2009 総評
Winter Camp 2009 開催報告 - チーム順位
Winter Camp 2009 開催報告 - 個人賞
Winter Camp2009 - 写真ギャラリー
Autumn Camp 2008総評
Autumn Camp 2008開催報告 - チーム順位
Autumn Camp 2008結果報告 - 個人賞
Autumn Camp 2008写真ギャラリー
Summer Camp 2008 総評
Summer Camp 2008 開催報告 - チーム順位
Summer Camp 2008 開催報告 - 個人賞
Summer Camp 2008 - 写真ギャラリー
Winter Camp 2008 総評
Winter Camp 2008 開催報告 - チーム順位
Winter Camp 2008 開催報告 - 個人賞
Winter Camp2008 - 写真ギャラリー
AutumnCamp2007開催報告(写真付)
AutumnCamp2007結果報告 - チーム順位
AutumnCamp2007結果報告 - 個人賞
Camp協力イベント
Campサイトへのリンクについて
ビジネスプランコンテスト
  • FRI&Associatesトップ