FRIトップ > FRIキャンプ > よくあるご質問

よくあるご質問

  1. Q.遠方からでも参加できるのでしょうか?
  2. Q.事前や当日の情報収集はどうすれば良いのですか?
  3. Q.1年生・2年生なので、こういったイベントは、まだ早いと思うのですが?
  4. Q.インターンとは何が違うのですか?
  5. Q.初めてのビジコンですが、大丈夫でしょうか?
  6. Q.参加者同士で交流する機会はありますか?
  7. Q.参加者の構成はどうなっていますか?
  8. Q.ノートPCは必要ですか?
  9. Q.インターネット環境はありますか?
  10. Q.Campに必要な持ち物は何ですか?
  11. Q.女性でも参加できますか?
  12. Q.社会人でも参加できるのでしょうか?
  13. Q.途中から参加したり抜けたりすることは可能ですか?
  14. Q.就職活動などの予定が入ってしまった場合、キャンセルできますか?
  15. Q.チームの足手まといにならないか不安ですが、大丈夫でしょうか?
  16. Q.他のビジネスプランコンテストとは何が違うのですか?
  17. Q.参加資格やセレクション(選抜)などはないのですか?
  18. Q.これだけの金額で本当に効果があるのですか?
  19. Q.社会人と交流する時間はありますか?
  20. Q.FRI Camp の参加に向けて事前にやっておいた方が良いことはありますか?

Q.遠方からでも参加できるのでしょうか?

A.参加者の2〜3割は、遠方から来て頂いております

2009年以降のFRI Camp(関東開催)は、東京の代々木オリンピックセンターにて開催しておりますが、毎年遠方から多くの参加者に来ていただいております。
(一例:北海道大学、山形大学、名古屋市立大学、京都大学、立命館大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、など)

そういった方が参加しやすいよう、初日は午後一時開始、最終日も午後六時終了としており、終了後の懇親会もオリンピックセンター内で開催し、途中での退出も可能としております。

交通費を払われた上でも、毎年多くの方に遠方から参加いただけることは、FRI & Associatesとして大変有難く思っておりますし、FRI Campの価値をご実感頂いていると思っております。

移動の都合上、遅れての参加、早めの退出などについては、対応可能なケースが大半ですので、不安をお持ちの場合は、フォーム登録後に事務局までご相談ください


Q.事前や当日の情報収集はどうすれば良いのですか?

A.事前にある程度、情報収集をされると、より学びが深まります

FRI Camp当日もインターネット回線はチームに一台用意されます(※代々木オリンピックセンター開催の場合)。しかし2泊3日のスケジュールは、非常にタイトです。あまり情報収集に時間をかけると、議論が十分にできないことも考えられます。

また実際に店舗を見る、製品を見る、といったことは、Camp当日に外出も可能ですが、事前に済ませた方が時間効率が良いでしょう。

こちらのCamp専用コラムでは、情報収集のポイントをまとめていますので、参考にしてください。
FRI Camp専用コラム「情報収集で気をつけるべき5つのポイント」


Q.1年生・2年生なので、こういったイベントは、まだ早いと思うのですが?

A.むしろ1・2年生の参加は増加傾向です。

FRI Campが始まった2004年頃は、ビジネスプランコンテストやインターンは非常に稀であり、3年生・修士1年生という就活時期になって初めて、ビジネススキルや自己分析を意識する人が、大半でした。実際、FRI Campの参加者も8割が就職時期の方でした。

しかし、今では1年生から、ビジネス・企業を意識される方も増えていると思います。ただ、就活時期でない学生が参加できるイベントは多くありません。

それに対して、FRI Campの唯一の応募要件は、学生又は社会人一年目相当の方、のみ。当初より一切参加者の選別を行っていません。それは、学年や知識ではなく、成長したい!という意欲が最も大事だと考えているからです。

実際、就職時期の参加者の方の比率は、以前の8割から5割程度まで下がり、1年生・2年生の方が増えています。

今の皆さんの限界を発揮し、その先にある課題をスタッフと一緒に見つける、それがFRI Campです。むしろ若い内に参加されるほど、今後の成長が加速されると思います。臆せず、ぜひ参加してください。

足手まといにならないか心配な方は、こちらもご覧ください。
Q.チームの足手まといにならないか不安ですが、大丈夫でしょうか?


Q.インターンとは何が違うのですか?

A.企業や業務を知る場ではなく、限界まで力を試し、自分の課題を発見をしてもらう場です。

企業はインターンを会社説明・選考の一部として活用しています。確かにその中で、ケーススタディをやることも多いですが、FRI Campのグループワークは大きく異なります。


まず、「社会人が見ている時間」が違います。

社会人が丸一日、ずっとグループワークに付き合うインターンは、極稀です。しかしFRI Campは二泊三日間、夜の時間も、グループワークを見させていただき、時にアドバイスや質問を投げかけます。そうして初めて、「何が得意・不得意か」、「二泊三日間でどれくらい変わったか(成長力)」まで見極めて、本当に役立つフィードバックを行うことができる、と考えています。
自分一人では決して出来ないような、自己分析を得ることができ、就職活動の面接の場でも活用できるはずです。


次に、「目的」が違います。

FRI Campは、会社や仕事の中身を知る場ではなく、「考えぬくこととは何か」、「チームで議論するベストな方法は何か」といった、本質的なスキルを磨く場です。社会人からのグループワークへのアドバイスや、ロジカルシンキングやプレゼンテーションの講義を通じて、真の力へと皆さんを導きます。

そして、「Campが終わりではありません」。'

FRI Campの最後は、1ヶ月の行動策定。Campで発見した自分の課題にアプローチし、行動する過程も支援します。

FRI Campは純粋に成長を追求する場です。ぜひ飛び込んでみてください。


Q.初めてのビジコンですが、大丈夫でしょうか?

A.例年、半数以上の参加者の方がビジネスコンテストに初参加の方となります。

意識の高い学生が数多く集まるため、気後れしてしまうこともあるかと思いますが、成長に何より大事なのは本人の参加意欲だと私たちは考えております。
そのため、他のビジネスコンテストにありがちな事前の選抜テストなどは、一切行っておりません。

過去のFRI Campの実績を見ても、ビジコン未経験の方が約50%、1回だけ経験がある方が約30%、となっております。

FRI Campでは主体性をキーワードの1つにプログラムを組んでいますので、周りのレベルではなく、参加者それぞれの方が主体性をどこまで発揮できるか、で3日間で得れるものも大きく変わります。

主体性があれば、自分の得意な役割を2泊3日のキャンプの中で見つけ、チームに活かしていけると思いますし、その姿勢が、ご自身様を含めたメンバー全員の力を活かすことに繋がりますので、ぜひ、事前の経験やスキルではなく、キャンプ当日に主体性を発揮する事を意識してください。

また、キャンプ中どうしても不安がある場合は、私たちスタッフに相談していただければ、
全力でサポートをさせていただきますので、どうぞ安心してご参加ください。


Q.参加者同士で交流する機会はありますか?

A.ありますが、時間は限られていますので、上手くその時間を活用してください。

参加者同士で話が出来る機会はチームのメンバーを除けば、【初日の集合後】【自己紹介の時間】【昼食の時間】【チームビルディング】の時間程度に限られてきます。
ぜひ効果的に仲を深められるように、自己紹介内容を考えてきてください(1人30秒です)。

また、最終日の懇親会もぜひご参加ください。同じ3日間を過ごした者同士ということもあってか、皆さん懇親会でいつも打ち解け合っています。
成長に向けた二泊三日を過ごした者同士、Camp後も何年にも渡って付き合いがあるチームもあるそうです。

この機会に大学や学年の垣根を越えて、たくさんの高い志を持った仲間を作ってくださいね。


Q.参加者の構成はどうなっていますか?

A.様々ですが最近は「初めてで大学2,3年生」が多いようです。

回によって様々ですが、最近の傾向としては、以下のようになっています。
<学年>
3年生と2年生が中心です(最近、2年生の参加者が増えてきました)。幅としては、1年生から修士2年、若手社会人まで、参加者の幅はとても広くなっています。
<学部>
経済・経営系が中心ですが、理系(修士含む)の参加者の方も平均的に2~3割程度を占めています。行政や外交、社会系の学科の方など、様々なバックグラウンドの方が参加しているのが特徴です。
<参加回数>
複数回参加者の方(ほとんどが2回目ですが)は、全体の1割程度となっています。
<男女比>
女性は全体の3~4割程度となっています。年々、女性の参加者が増えてきて、活躍される方も増えてきています。

参加者の構成は、その時の社会情勢に左右されていますが、以前よりも多様化してきていると感じていますし、活躍される方も、それに従って多様化しています。特定の学部だから活躍できる、というような事はありませんので、興味のある方は是非検討してみてください。


Q.ノートPCは必要ですか?

A.お持ちの方は極力ご持参ください。

最終プレゼンテーションは原則パワーポイントを使用しますので、お持ちの方は極力PCをご持参ください。当日、PCやプリンターの貸し出しはいたしません。
プロジェクターや発表用PC、発表データ回収用のフラッシュメモリはいくつかこちらで準備します。それ以外のもの、例えば、チーム間でデータをやり取りする為の外部メディア等をお持ちの方はご持参ください。


Q.インターネット環境はありますか?

A.可能な限り用意をしますが、必ずあるとは限りません。

原則として1チーム1回線を目安に用意致しますが、会場によっては難しい場合もあります。
詳細については、各FRI Campにてご連絡致しますので、そちらをご覧ください。
イーモバイルなど、インターネット環境を個人でお持ちの方は、ご持参いただくと情報収集量が増しますので、ぜひお持ちください。
ただ、過去にはインターネット環境なしに優勝したチームもありますので、事前準備を含めて、自分は何ができるかを良く考えて行動してください。


Q.Campに必要な持ち物は何ですか?

A.会場によって異なりますが、必要なものの代表例は下記のものです。

・着替え
・洗面用具、入浴用具(石けん、タオル、歯ブラシ等)
・上履き
・各自が使用する筆記用具等
・常備薬
・保険証(コピーでも可能な病院も有り)

上履きや洗面・入浴用具などは、会場によっては不要(会場に備え付け)な場合もあります。
各FRI Campにて施設の紹介は行いますので、そちらを良くお読みの上、各自で2泊3日を過ごすのに必要なものをお持ちください。
※ 会場の場所によっては、現地購入が難しい場合もありますので、ご注意ください


Q.女性でも参加できますか?

A.もちろん、全く問題ありません。

最近のCampでは女性の参加者が3割~4割となってきています。毎回女性の活躍が目立っており、個人賞を受賞される方も増えている印象があります。

当然ですが、宿泊部屋は男女別に設定し、女性スタッフもおりますので、安心してご参加ください。
キャンプ期間中は女性スタッフが常に参加しておりますので、何か困ったことがありましたら気軽にご相談ください。


Q.社会人でも参加できるのでしょうか?

A.社会人歴1年目程度までの若手社会人の参加申し込みもお受けしております。

但し、社会人だからという特別扱いはありません。学生と同じ立場で参加していただきます。社会人の強みを存分に生かして、チーム優勝を目指してください。

また、キャンプ期間中にスタッフ主催で開かれる講義には実際の企業研修にも取り入れられているメソッドを用いており、プロフェッショナルマインドやビジネススキルを磨くという意味で、若手社会人の方にとっても大変有意義な3日間となるでしょう。

過去の実績においては、社会人の参加実績は数多くありますが、比率としては、毎回全体の数%となっています。


Q.途中から参加したり抜けたりすることは可能ですか?

A.一定までは参加可能です。お問い合わせください。

どうしても全日程参加できないという場合、1日目に遅れて参加したり、2日目の朝から参加することができる場合に限り途中参加も認めております。3日目のみの参加や2日目午後からの参加では、チームメンバーにも迷惑がかかってしまうことが予想されるため、参加申し込みをいただいてもお断りする場合もございます。
できる限り初日からの参加をお願いいたします。

また、初日から参加可能だが、Camp途中において就職活動等で、どうしても数時間程度抜けなければならない際も、基本、チームメンバーの了解のもとであれば、問題ありません。但し、施設外に出る際は、安全管理のため、必ずスタッフまでご一報ください。


Q.就職活動などの予定が入ってしまった場合、キャンセルできますか?

A.条件によってはキャンセル料が発生しますが、特に問題はありません。

急な予定の変更などによるキャンセルにつきましても、2週間前まではキャンセル料は発生いたしません。
振込みいただいた代金は責任を持ってご返却させていただきますので、ご安心ください。

但し、2週間を切ってしまってからのキャンセルにつきましては、宿・食事の手配などの関係でキャンセル料が発生する場合もございますので、その際はお問い合わせいただきますようお願いいたします。
NPO法人として、収益確保のために行っている活動ではありませんので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

また、毎回、就職活動の面接などが急に入ってしまう方もおられますが、その面接時間帯のみ会場を抜けて就職活動に向かわれたりしています。そうした際には必ず、チームメンバーの了承を得ていただき、スタッフに事前にお知らせいただきますようお願いいたします。


Q.チームの足手まといにならないか不安ですが、大丈夫でしょうか?

A.参加する方は多かれ少なかれ、そうした不安を持たれている方がほとんどです。ご安心ください。

意識の高い学生が数多く集まるので、気後れしてしまう人がいるのは事実です。ですが、私達は、自身の意識次第で、全ての人が同じように活躍できると考えています。

不安を解消するには、まず、自分の思っていること感じていることをしっかりとチームメンバーに伝える、ということがとても有効です。わからなかったり話についていけない、ということをハッキリと伝えることが、他のメンバー同士の理解をより深める結果につながったり、よりわかりやすい議論の組み立てになるということが多くあります。何も言わないまま過ごしてしまうことが、後々自分の不完全燃焼感に繋がってしまいかねないので、不安であればあるほどきっちりと伝えることを心がけると良いでしょう。

また、キャンプ中どうしても不安がぬぐえない場合はスタッフに相談していただければ、スタッフも全力でサポートさせていただきます。安心してご参加ください。


Q.他のビジネスプランコンテストとは何が違うのですか?

A.プログラムは大きく変わりませんが、その目的も運営を担う人材も異なります。

まず、その目的が「次世代リーダー育成」の一環であることが異なります。
FRI Camp は、単にビジネススキルを身につけて貰うだけではなく、社会に出て何をしたいのか、そのために何をすれば良いのか、敷かれたレールではなく自らが道を選び作る事の重要性と方法を感じ、身につけて貰うことを最大の目的としています。
そのため、プログラムの企画、運営のほとんど全てを、経験豊かな社会人スタッフが担い、日頃のビジネスシーンから得たものを惜しむことなく徹底的に伝えます。
是非、その違いを肌で感じて貰えればと思います。

FRI WinterCamp 2016 スタッフ紹介はこちらから
FRIスタッフによるblog(コラム)はこちらから



Q.参加資格やセレクション(選抜)などはないのですか?

A.対象者の方であれば、入金順に参加を確定します。

他のビジコンでは、事前審査などによるセレクション(選抜)が行われるケースが多いようですが、FRI Camp では、参加対象者の方であれば、セレクションは行いません。
なぜなら、実際のビジネスシーンにおいて、特定の水準の人達だけで仕事が行われる事などほとんどなく、多種多様な人材が集まり、個々の特性を発揮して、相互作用によって大きな価値を生み出す事が求められるからです。
時々、「議論のレベルが噛み合わない」「これでは良いアウトプットが出せない」という話を聞きますが、選抜された人達だけという「特殊な環境下」でしかアウトプットを出せないのは、本当の力とは言えません。現実社会に即し、「多様性」というキーワードをプラスに活かした素晴らしい提案を生み出せるよう、皆さんの努力を期待します。


Q.これだけの金額で本当に効果があるのですか?

A.理念に共感した多数のボランティア社会人スタッフによって支えられているので、効果の高い内容が提供できています。

学生の皆さんにとっては安くない金額ですが、同様の内容を企業で受けようとすると、少なくとも10倍以上の料金になる内容となっています。実際、行われる研修は企業研修で使われたものをベースにしていますし、社会人スタッフの大半は、なかなか時間を取るのが難しいくらい活躍している人ばかりで、経営指導をする立場の人も多数を占めます。
安すぎて怪しい、と言われることも度々ありますが、20回以上もこの金額で提供し続けられるのは(準備等を入れると赤字運営になる時もありますが)、FRIの理念に共感した多数のボランティア社会人スタッフに支えられているからです。安心してご参加ください。



Q.社会人と交流する時間はありますか?

A.長くはありませんが、個別に時間を確保しています。

具体的には、イベント後(最終日)に行われる懇親会以外にも、初日の夜に、ビジネスプランニングのワークから少し離れて、色々な業界や職種を経験した社会人とフリートークできる時間を設定しています。
毎回、社会人に疑問をぶつけると、他ではなかなか聞けない本音の話が聞け、自分自身の考えの整理や将来の参考になったと、高い評価を得ています。
ただ、受身の立場だと聞き出せる内容も限られてしまうため、是非、どんな質問をぶつけたいかを考えて参加して貰えればと思います。


Q.FRI Camp の参加に向けて事前にやっておいた方が良いことはありますか?

A.必須ではありませんが、大きく二つ程度あります。

具体的には、「体調管理」と「事前準備」の二つになります。
(1) 体調管理
 FRI Camp は、2泊3日の間、今までにないほど、頭をフル回転させることになると思います。運動と同じく、頭を使い続けると精神的に疲労しますし、疲れると良い発想も出てきにくくなります。当日までに、しっかり体を休めて、万全の体調で参加されることをお勧めします。
(2) 事前準備
 約一週間前には、参加者の皆さんにテーマ課題をお知らせします。テーマによっては皆さんの身近な企業が選ばれることもあります。2泊3日の間でも調査等は可能ですが、限られてしまうため、事前に調査を行っておくと良いでしょう。また、日頃、こういったワークに慣れていない方は(慣れていない方もたくさん参加されますが)、ビジネス系の本を読んで、用語等に慣れておくこともお薦めします。


過去開催されたFRI Campの様子はこちらから



Camp専用コラム
情報収集で気をつけるべき5つのポイント
キャンプの説明
FRI WinterCamp 2017スタッフ紹介
FRI Campとは
プログラム内容
FRI Campのプログラム内容
責任者挨拶
FRI WinterCamp 2017 責任者 – 右田卓也
参加者の感想
社会人スタッフが参加者の成長を本気で応援してくれる
自分の課題を発見し、解決する道筋を定めることができた
自分を見つめ、見つめられる3日間
夢を目指すことへの「やる気」と「希望」を与えてくれた
「日々頑張ろうと決意させてくれたキャンプでした」
「自分自身を知ることができた」
「自分の強みや弱みが見事に浮かび上がりました」
「自分が変わるきっかけを見つけられた」
「成長への次なる課題を与えてくれる場であった」
「みんなと真剣勝負でぶつかり合えたことの意義は大きかった」
様々な学生と交わって「自分のレベル感」を知ること
よくあるご質問
Q.遠方からでも参加できるのでしょうか?
Q.事前や当日の情報収集はどうすれば良いのですか?
Q.1年生・2年生なので、こういったイベントは、まだ早いと思うのですが?
Q.インターンとは何が違うのですか?
Q.初めてのビジコンですが、大丈夫でしょうか?
Q.参加者同士で交流する機会はありますか?
Q.参加者の構成はどうなっていますか?
Q.ノートPCは必要ですか?
Q.インターネット環境はありますか?
Q.Campに必要な持ち物は何ですか?
Q.女性でも参加できますか?
Q.社会人でも参加できるのでしょうか?
Q.途中から参加したり抜けたりすることは可能ですか?
Q.就職活動などの予定が入ってしまった場合、キャンセルできますか?
Q.チームの足手まといにならないか不安ですが、大丈夫でしょうか?
Q.他のビジネスプランコンテストとは何が違うのですか?
Q.参加資格やセレクション(選抜)などはないのですか?
Q.これだけの金額で本当に効果があるのですか?
Q.社会人と交流する時間はありますか?
Q.FRI Camp の参加に向けて事前にやっておいた方が良いことはありますか?
過去のキャンプ
WinterCamp2016開催報告
FRI WinterCamp 2015開催報告
FRI WinterCamp 2014総評
WinterCamp2012 - 写真ギャラリー
WinterCamp 2012総評
WinterCamp2011 総評
Summer Camp2009 総評
Summer Camp 2009 開催報告 - 個人賞
Summer Camp 2009 開催報告 - チーム順位
Summer Camp2009 - 写真ギャラリー
Winter Camp2009 総評
Winter Camp 2009 開催報告 - チーム順位
Winter Camp 2009 開催報告 - 個人賞
Winter Camp2009 - 写真ギャラリー
Autumn Camp 2008総評
Autumn Camp 2008開催報告 - チーム順位
Autumn Camp 2008結果報告 - 個人賞
Autumn Camp 2008写真ギャラリー
Summer Camp 2008 総評
Summer Camp 2008 開催報告 - チーム順位
Summer Camp 2008 開催報告 - 個人賞
Summer Camp 2008 - 写真ギャラリー
Winter Camp 2008 総評
Winter Camp 2008 開催報告 - チーム順位
Winter Camp 2008 開催報告 - 個人賞
Winter Camp2008 - 写真ギャラリー
AutumnCamp2007開催報告(写真付)
AutumnCamp2007結果報告 - チーム順位
AutumnCamp2007結果報告 - 個人賞
Camp協力イベント
Campサイトへのリンクについて
ビジネスプランコンテスト
  • FRI&Associatesトップ