FRI トップ > FRIキャンプ > キャンプの説明 > FRI WinterCamp スタッフ紹介

FRI WinterCamp スタッフ紹介

FRI WinterCamp のスタッフは全11名を予定しています。

FRI WinterCamp 運営責任者 右田卓也

DSC_2175_migita.JPG

FRI Campには大学2年生の時に初めて参加しました。このCampを通じて自分自身の中に「このままではいけない」という問題意識が芽生え、その後5回参加し、大学4年生からスタッフとして参加しています。
Campを通じて学んだことは、危機感と成長力です。初めてのCampは発言することすらできずに終わりましたが、こんな自分を変えたいという思いが、その後の自分にとって大きな影響を与えました。
Camp中は今まで自分が考えてこなかった部分まで考え抜き、やり切れていなかった部分まで行動するため、精神的にも肉体的にも大変でしたが、あの時に味わった苦労や挫折は、当時の就職活動や今の業務を支える根幹となっています。
責任者挨拶にも記載しましたが、「成長したい」という気持ちの方、私達はその気持ちに全力で応えるつもりでいます。ぜひ参加して、衝撃的な成長のきっかけと刺激的な仲間との出会いを持って帰ってください。

【経歴】
1988年茨城県出身。2010年早稲田大学社会科学部卒業。株式会社ワークスアプリケーションズ入社。現在27歳で社会人5年目。
1年目に新規の法人営業を経験した後、2年目に既存顧客を担当する部署に異動し、1億円以上の受注をすると共に、既存顧客担当という性質上、営業以外にも業務改革支援やトラブル対応等、幅広い業務を経験。3年目以降では新卒の育成や社内勉強会の企画/開催、採用支援等、通常業務以外の業務も担当中。

FRI理事長 清水知輝

DSC_2157_shimizu.JPG

私は草創期からのメンバーで、現在、理事長をつとめますが、FRI Camp 立上げの主要メンバーでもありました。その後10年以上、毎回改良改善を行いつつ、今の形になってきましたが、なぜ FRI Camp を立上げ、これだけの期間続けて きたかと言えば、企業だけでなくボランティア等様々な組織において共通的に必要とされる力が、日本の学校や大学などの教育機関では学べない、という事実に強い問題意識を持ってきたからです。
社会において、多くの若者が挫折感を味わい、自身の力を発揮できないのは、そもそも必要とされる学習をする機会がない、というのが理由の多くを占める と考えています。もちろん、それだけではないでしょう。しかし、FRI Campの卒業生の皆さんが、多くのグローバル企業、NPOや起業家、文筆業等で活躍しているのを見ると、それは大きく外れていなかったと考えています。
是非皆さんも、社会に出る前に、真に求められる力とは何かを知って貰えれば嬉しく思います。

【経歴】
大阪大学大学院 工学研究科を修了後、外資系コンサルにて、事業戦略、業務改革、IT導入等を手がけたが、自身の仕事の関わり方に疑問を感じ、ベンチャー企業に転職。経験を活かし、各種企画・改善業務、法人営業、業務部門長等を担い、多数の業界大手企業のマーケティングコンサルティングにも責任者として従事。その後、投資育成企業にて子会社の事業企画や経営改革、大手メーカーの機構改革などにあたった後、地元関西にUターン。
計測機器メーカーにて、経営企画担当の上席執行役員として、各種改革業務、マーケティング、事業開発等を推進する。その後、グローバルファームの大手監査法人にて、メーカーを中心に経営高度化に関するビジネスアドバイザリーサービスを提供後、住宅リフォーム会社にて人事とコンプライアンスに携わり、現在は、大手携帯販売代理店にて、業務改善、物件開発、マーケ、購買等の責任者を担う。
横串での業務改善とマーケティングを軸に、事業を成長させることを得意とする。
Business Contest delta(ビジネスコンテスト デルタ) 特別講師(2011年度,2012年度)、審査員(2012年度)

FRI副理事長 高橋建人

DSC_2172_takahashi.jpg

私とFRI Campの出会いは、2004年。
当時は学生団体をやっていて、少し自信を持って参加しました。しかし、その自信はすぐに打ち砕かれたのです。リーダーとして必死に議論を進めようとしても、視点の甘さをスタッフに厳しく指摘され、提案は何度も振り出しへ。何とか発表はしたが、評価は当然低いもの。社会で求められるレベルの高さに愕然としました。
その高い山を感じたことが、常により深く、広く考え抜くというマインドに繋がっています。そして学生の身分でFRIのスタッフにも飛び込み、運営で求められるレベルはさらに高い、という体験も。
宣伝でも何でもなく、FRI Campに参加しなかったら、今のように多様なキャリアは歩めなかったと確信しています。違う業界や会社でも、コアとなる思考力と行動力さえあれば、価値が出せるのです。
FRI Campはチャレンジの塊、挫折や失敗を感じる瞬間が必ず訪れます。でも、だからこそ、普段の環境とは違う成長が得られます。スタッフも全員それを経験しています。最後までサポートしますので、飛び込んで来てください。

【経歴】
1984年千葉県生まれ 2007年東京大学工学部システム創成学科卒業。アクセンチュア株式会社にて戦略コンサルタント業務に従事後、「ソーシャルアパートメント」を運営する株式会社グローバルエージェンツにて、COOを務める。2012年にグーグル株式会社に入社。現在は広告領域のデータアナリストを務める。

FRI&Associatesでは副理事長を務め、これまでに延べ1000名強の学生を指導してきた。NPO法人ETIC.主催、社会起業家育成プログラム「SUSANOO」にもメンターとして参画。経済産業省後援、イノベーター創出プログラム「始動2015」国内選抜メンバー。

FRI理事 豊川貴

DSC_2157_toyokawa.png

私のFRIとの出会いは、2001年。
ファウンダーであった友人から話しを聞き、興味本位で初めて学生向けの勉強会を見に行きました。その後、第1回のFRI Campよりスタッフとして参加、2006年より理事を務めています。
社会に出て働きだすと、強い意識を持ち続けない限り、流され時は過ぎていきがちです。そして、必要とされる力をつけることなく、準備が不十分なまま、勝負の時を迎えたらどうでしょうか。結果は、推して知るべしですね。いくら責任転嫁したところで、後の祭りです。
FRI Campは、失敗体験を積むことができる場所でもあります。失敗を糧に、様々な気づきから、個々の具体的な課題を明確にし、必要とされる力を身に付けるきっかけにしてもらえれば、と思っています。
もし受け身姿勢で参加されれば、想定内の結果で終わるでしょう。皆さんが今後どうなりたいのか、自らに単純に問いかけ、行動してください。

【経歴】
1991年4月、新卒で大手化粧品メーカー入社。原価計算・経営管理・子会社統括・経理に従事。
国内の化粧品業界初の原価企画導入をプロジェクトリーダーとして従事。
6年前より統括会社に移り、主に連結決算・開示業務に従事。
日本管理会計学会会員。学会発表実績あり。

FRI理事 荒木澄玲

DSC_2166_araki.JPG

私がFRIに出会ったのは社会人2年目の時で、FRI Campにはスタッフとして参加してきました。
FRI Campは、本気で考え抜く、本気でやりきる絶好の機会です。これは実は相当なパワーがいりますが、本気でやると、結果と一緒に自分が出来ないことも明確に見えてきます。
私は、力をつける第一歩は「うまくいかない自分」を知ることだと思っています。
Campで体験することは、どんな仕事に就いても必ず必要なスキルなのですが、私の場合は、専門職だから…という逃げもあって、自分の能力の低さになかなか向き合えずにいました。Campの運営スタッフは参加者以上に本気で考え抜く姿勢が求められます。その体験が、自分と向き合う覚悟に繋がりました。
ここが出来ると、次はどうするのか、を考えられます。
今回、この場に集ったスタッフは全員本気のメンバーです。今年も必ず最後まで参加者の成長をサポートしていきたいと思います。ぜひ一緒に3日間めいっぱい楽しみましょう!

【経歴】
1977年石川県出身。1999年関西学院大学総合政策学部卒業。
社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員。現在39歳で社会人17年目。新卒で小売業に就職し、その間に社会福祉士の専門学校通信課程に在籍。高齢者施設に転職し、介護職として2年、高齢者福祉の相談員として11年勤務。
一昨年、福祉関係の事務職に転職し、大学時代から暮らしていた兵庫県から金沢へ転居。FRIには社会人2年目から参加。

運営スタッフ 杉村賢治

DSC_2160_sugimura.png

FRIには学生時代は参加者として、社会人になってからはスタッフとして携わっています。

「無言はno value」私が学生時代に初めて、Campに参加した際にスタッフから最初に言われた言葉であり、今でも大切にしている価値観です。議論において全く発言をしなければ、その人はそこにいてもいなくても良い人となってしまう、という趣旨です。
せっかくこの2泊3日という貴重な時間と安くない参加費を払って、皆さん今回のCampに参加されるわけですから、価値あるものを持って帰って欲しいと思っています。そのためには我々スタッフはサポートを惜しみません。積極的な姿勢での参加をお待ちしております。
失敗を恐れる必要はありません、発言していく中で徐々に成長していきましょう!

【経歴】
1984年奈良県出身。2007年神戸大学経営学部卒業。信託銀行にて勤務。現在31歳で社会人9年目。
個人向け営業、企業年金のコンサルティング営業を経て、現在は大手法人顧客に対し、融資をメインとした総合的な営業に従事。
従来型の融資提案だけでなく、顧客の事業に踏み込んだ各種金融ソリューションを提供。

運営スタッフ 小島寧

DSC_2164_kojima.JPG

私が初めてFRI Campに参加したのは大学三年生の2006年頃でした。きっかけは同じゼミに所属していた先輩からの薦めでした。参加する前はこれから就職活動もあり、自分の力試しにと漠然とした目的で申込をしました。
実際に参加してみたところ、三日間という短期間にチームでビジネスプランを考えることの難しさ、それを達成するために周りの参加者や運営スタッフが持っている知見に驚かされました。
この経験は私にとっては特異点だったと言えます。それまでは気づくことのなかった視点で物事を見るようになり、考えるきっかけを得る体験でした。勿論、私はその後に多くの本を読み様々な人と意見を交わすことで考えを拡げる必要がありましたが、全てのきっかけはこのFRI Campでした。皆さんにもその経験をしてもらうべく今は運営スタッフとして活動に関わっています。

【経歴】
1984年東京都出身。2008年法政大学経済学部卒業。株式会社ワークスアプリケーションズ入社。現在31歳で社会人8年目。
会計パッケージ研究開発エンジニアとして大手企業向けパッケージソフト「COMPANY」会計シリーズの企画・開発に携わる。ソフトウェアの設計から実装や運用まで幅広い業務を経験し社内新卒向け研修や採用インターンシップの担当も行う。

運営スタッフ 諸田滋子

DSC_2184_morota.png

FRI Campにお申し込みのみなさん初めまして!!FRI Camp運営スタッフの諸田滋子(もろたあさこ)です。
FRIとは、学生時代にFRI Campに参加したことがきっかけにスタッフをしているFRIでは数少ない女性スタッフになります。このようなイベントでは、どうしても男性が多くなりがちですが、FRIでは女性でも安心して参加できるようにいろいろと配慮されていますので、女性参加者のみなさんも安心して参加して下さいね。また、男性スタッフには相談しにくいことも、当日気軽に相談して頂ければと思います。
私がFRIで学んだ最大の学びは、人は「できるかできないかじゃない、するかしないか」ということです。自分の成長の成果を決めるのは、あなた達次第です。一つでも多くの学びを持って帰るつもりで、3日間、本気で取り組んで下さい。アツいみなさんにお会いできるのを、心から楽しみにしています。

【経歴】
・2010年4月 新卒で乳がんの術後をケアするベンチャー企業に入社
学生時代は名古屋でビジネスコンテストを企画・運営する団体を立ち上げるなど、さまざまな活動に挑戦し、社会人になってからは広報営業を中心にある案件のプロジェクトマネージャーを任され、2年間で6000万円の売り上げに貢献する企画の立ち上げ・運営を行ってきました。
その会社3年勤めた後、より乳がん患者の術後の生活に寄り添った事業をするため2013年に独立・起業。少しでも乳がん患者の術後QOL向上のため奮闘中。

運営スタッフ 宮坂芳徳

DSC_2179_miyasaka.JPG

初めまして。FRIスタッフの宮坂です。
社会人6年目。コンサルティング会社に勤務しています。

私は学生時代にCampに参加し、学生時代からスタッフとして参加しています。

皆さんにとってFRI Campで過ごす3日間は、とても多くのチャレンジがあると思います。私も学生時代に2度参加し、何もできず打ちのめされた記憶は今でも鮮明に覚えています。

一方で、思考成果を求められる現職で未熟な身ですが仕事が出来ているのは、Campの体験をもとに自身の課題と向き合い努力してきた結果だと思います。

私も当時のスタッフから多くの刺激と機会をもらい、努力をしてこれました。
FRIにはCampに参加し、考え、努力してきた経験を持つスタッフが多数在籍しています。もちろん私も他のスタッフと共に皆さんのチャレンジを応援し、最後までフォローします!WC16でお会いできることを楽しみにしています。

【経歴】
1986年千葉県生まれ。2010年
株式会社アイスタイにて法人営業に従事。2015年4月よりプライスウォーターハウスクーパース株式会社にてコンサルタント業務に従事。プロジェクト例:大手通信会社の構想策定、大手金融機関の購買改革等

運営スタッフ 鯉江純貴

DSC_2159_koie.JPG

大学の授業が期待していた内容ではなく、毎日寝て食べて遊ぶ日々を過ごしたのが大学1年目。そんな私が変わったきっかけは、興味本位で友人と参加したビジネスコンテスト(以下ビジコン)での敗北でした。悔しい思いから様々なビジコンに参加し、出会った1つがFRI Campです。他への参加は1回でしたが、在学中に5回参加したのはFRI Campだけでした。
なぜ、FRI Campには何度も参加したか。それは、アイデア募集や採用目的ではなく、純粋に学生の考える力を成長させるためのビジコンだからです。
あるビジコンでは発表への指摘だけでしたが、FRI Campでは提案への指摘も質量共に違い、議論中のアドバイス、提案を考えるための講義、3日間の最後の反省、終了後にもA4 4枚分びっしりと書かれたメールも届き、違いに驚きました。
今度は皆さんにきっかけを作れるよう、スタッフとして本気で臨みます。大学1年目の私のように興味本位で構いません、一歩踏み込んでみてはいかがでしょうか。

【経歴】
1991年愛知県出身。2013年名古屋大学経済学部卒業。株式会社ワークスアプリケーションズ入社。
現在24歳で社会人3年目。 1・2年目に営業を経験し、3年目に自社開発システムの顧客先への導入支援コンサルを行う部署に異動。一般的に2ヶ月かかる導入を3週間で実現し、指名制度はないにも拘らず、追加導入時に指名を頂く。通常業務以外にも自社の年間1400万円のコスト削減効果のある提案をはじめ、様々な業務改善提案を実現中。

運営スタッフ 碓井康祐

DSC_2157_usui.png

初めまして、FRIスタッフの碓井です。
私は大学3年時にFRICampに参加し、その後、社会人1年目からスタッフとして企画運営に携わっています。
皆さんは、「学生時代に1番辛かったことは何ですか?挫折をした経験はありますか?」
私は初めてFRICampに参加したときに、この1番辛かったこと、そして挫折を同時に経験しました。
FRICampに参加し、2泊3日リーダーとしてチームを率いるも、ビジネスプランコンテストへの参加が初めてだったため、手探りでのチーム運営。なんとか最終発表まで終えるも、チーム運営・発表内容ともに散々なものでした。当然、社会人スタッフからの最終フィードバックは、とても厳しい内容で、恥ずかしながら嗚咽をあげて悔し涙を流しました。
このままでは終わりたくないと思い、その後、様々なインターンシップ・ビジネスプランコンテストに挑戦しました。就活時にはFRICampでの挫折した経験と、その後の成長過程を話しました。
「できるかできないか」ではなく、「やるかやらないか」を大切にして、申込みの一歩を踏み出してくださいね。社会人になった後も、参加してよかったと必ず思える2泊3日があなたを待っています。

【経歴】
1989年愛知県生まれ。2013年名古屋大学法学部卒業。株式会社パソナ入社。
現在社会人3年目。1年目に派遣の営業部門にて、前期・後期ともにMVPを受賞。2年目には、派遣営業と合わせて、民間企業に対して業務委託の提案を行い、15人工の業務受託を経験。現在は、新規事業の部門にて地域活性に取り組む。

Camp専用コラム
情報収集で気をつけるべき5つのポイント
キャンプ最新情報
【関東】FRI Winter Camp 2017の申込を受付中です
Campスタッフによるキックオフ合宿を開催しました
FRI WinterCamp 2016を開催しました
FRI WinterCamp 2016スタッフ紹介を更新しました
参加者の感想を更新しました
責任者挨拶を更新しました
【関東】FRI Winter Camp 2016の申込を受付中です(本イベントは終了しました)
FRI WinterCamp 2015を開催しました
FRI Campスタッフ向け勉強会を実施しました
【終了】【関東】FRI Winter Camp 2015の申込受付を開始致しました
開催報告をアップしました(FRI WinterCamp 2014)
【終了】【関東】FRI Winter Camp 2014の申込受付を開始致しました
【終了】【関西】FRI Winter Camp 2013の申込受付を開始致しました
【終了】【関東】FRI Winter Camp 2013の申込受付を開始致しました
FRI AutumnCamp2011参加者の声をアップロードしました
【終了】【関東】 FRI WinterCamp 2012の申込受付を開始致しました
【終了】【関西】 FRI AutumnCamp 2011の申込受付を開始致しました
【関東】FRI Winter Camp 2011の申込受付を開始致しました
【関東】FRI Cafe第5回を1/31(日)に開催します
【関東】FRI WinterCamp 2010の申込受付を開始致しました
Summer Camp2009の開催報告をアップしました
Winter Camp2009の開催報告をアップしました
【関東】FRI WinterCamp2009の申込受付を開始しました
Summer Camp2008の開催報告をアップしました
FRI AutumnCamp 2008の申込受付を開始しました
FRI Summer Camp 2008の申し込みを開始しました
Winter Camp2008の開催報告をアップしました
責任者挨拶を更新しました。
Winter Camp 2008の申込み受付を開始しました
Autumn Camp 2007の開催報告を掲載しました
参加者の感想が増えました。
キャンプの説明
FRI WinterCamp スタッフ紹介
FRI Campとは
プログラム内容
FRI Campのプログラム内容
責任者挨拶
FRI WinterCamp 2017 責任者 – 右田卓也
FRI & Associates 副理事長 - 高橋建人
FRI AutumnCamp 2010 責任者 - 杉村賢治
FRI AutumnCamp 2009 責任者 - 矢代雄一
参加者の感想
社会人スタッフが参加者の成長を本気で応援してくれる
自分の課題を発見し、解決する道筋を定めることができた
自分を見つめ、見つめられる3日間
夢を目指すことへの「やる気」と「希望」を与えてくれた
「日々頑張ろうと決意させてくれたキャンプでした」
「自分自身を知ることができた」
「自分の強みや弱みが見事に浮かび上がりました」
「自分が変わるきっかけを見つけられた」
「成長への次なる課題を与えてくれる場であった」
「みんなと真剣勝負でぶつかり合えたことの意義は大きかった」
様々な学生と交わって「自分のレベル感」を知ること
よくあるご質問
Q.遠方からでも参加できるのでしょうか?
Q.事前や当日の情報収集はどうすれば良いのですか?
Q.1年生・2年生なので、こういったイベントは、まだ早いと思うのですが?
Q.インターンとは何が違うのですか?
Q.初めてのビジコンですが、大丈夫でしょうか?
Q.参加者同士で交流する機会はありますか?
Q.参加者の構成はどうなっていますか?
Q.ノートPCは必要ですか?
Q.インターネット環境はありますか?
Q.Campに必要な持ち物は何ですか?
Q.女性でも参加できますか?
Q.社会人でも参加できるのでしょうか?
Q.途中から参加したり抜けたりすることは可能ですか?
Q.就職活動などの予定が入ってしまった場合、キャンセルできますか?
Q.チームの足手まといにならないか不安ですが、大丈夫でしょうか?
Q.他のビジネスプランコンテストとは何が違うのですか?
Q.参加資格やセレクション(選抜)などはないのですか?
Q.これだけの金額で本当に効果があるのですか?
Q.社会人と交流する時間はありますか?
Q.FRI Camp の参加に向けて事前にやっておいた方が良いことはありますか?
過去のキャンプ
WinterCamp2016開催報告
FRI WinterCamp 2015開催報告
FRI WinterCamp 2014総評
WinterCamp2012 - 写真ギャラリー
WinterCamp 2012総評
WinterCamp2011 総評
Summer Camp2009 総評
Summer Camp 2009 開催報告 - 個人賞
Summer Camp 2009 開催報告 - チーム順位
Summer Camp2009 - 写真ギャラリー
Winter Camp2009 総評
Winter Camp 2009 開催報告 - チーム順位
Winter Camp 2009 開催報告 - 個人賞
Winter Camp2009 - 写真ギャラリー
Autumn Camp 2008総評
Autumn Camp 2008開催報告 - チーム順位
Autumn Camp 2008結果報告 - 個人賞
Autumn Camp 2008写真ギャラリー
Summer Camp 2008 総評
Summer Camp 2008 開催報告 - チーム順位
Summer Camp 2008 開催報告 - 個人賞
Summer Camp 2008 - 写真ギャラリー
Winter Camp 2008 総評
Winter Camp 2008 開催報告 - チーム順位
Winter Camp 2008 開催報告 - 個人賞
Winter Camp2008 - 写真ギャラリー
AutumnCamp2007開催報告(写真付)
AutumnCamp2007結果報告 - チーム順位
AutumnCamp2007結果報告 - 個人賞
Camp協力イベント
Campサイトへのリンクについて
ビジネスプランコンテスト
  • FRI&Associatesトップ