FRI トップ > FRIキャンプ > Camp専用コラム > 情報収集で気をつけるべき5つのポイント

情報収集で気をつけるべき5つのポイント

FRI Campのような、ビジネスグループワークにおいて、必ず最初にやることが情報収集。現状を把握せずして、良い提案はできません。

しかし、情報収集は簡単に見えて、奥が深い作業でもあります。
無限に時間があれば様々な情報を集められますが、ビジネスとは常に時間との勝負。また、情報量が多すぎても、提案内容を絞ることが難しくなることもあります。大は小を兼ねないのが、情報収集の難しさです。
さらにネットにあるデータが、ビジネスの現場で使うのにはふさわしく無いケースも往々にあります。

このFRI Camp専用コラムでは、情報収集のポイントをお伝えします。

1.まず当たるべきは公式資料
グループワークの最初にすべきことは、「確たる事実」の把握です。
・自社の把握には、決算関連資料(決算報告書、有価証券報告書)
・市場の把握には、政府による統計データ。無い場合は、業界団体(例:自動車産業だと、自動車振興会が月次で販売台数を公表しています)
・競合の把握には、その企業の決算関連資料
が適切です。

また、どんな商品を販売しているか、は企業のWEBサイトが確実と言えるでしょう。

2.会社の数字は「事業別」に把握する
複数事業を実施している企業の場合、有価証券報告書にセグメント別情報として、それぞれの事業の売上・利益や概況を記載しています。事業ごとで大きく成長率や利益率が違うこともありますので、必ず事業別に事実を把握しましょう。

3.過去はデータから見えても、今は現場からしか見えない
あくまでデータは過去のもの。変化の早い今、数ヶ月前のデータですら、必ずしも今日と同じ状況とは言えません。今この瞬間に起きていることを知るためには、店舗や実際の製品を直接見る必要があります。特に、どのような人がその製品に興味を持っているかは、実際の売り場を見てみることや生の声を聞くことが大切です。

4.どこで手に入れた情報か、情報ソースを忘れずに
1で述べた公式情報が、提案において最も信頼されます。それは公式だからだけではなく、客観的な事実を述べているからです。それ以外の情報源の場合は、多かれ少なかれ、書き手の主観・意見が混じっています。それを加味するためにも、内容と情報ソース(出典:●●)はセットで提示しましょう。

5.母集団バイアスに注意しよう
1で述べた公式情報が、提案において最も信頼されます。それは公式だからだけではなく、客観的な事実を述べているからです。それ以外の情報源の場合は、多かれ少なかれ、書き手の主観・意見が混じっています。それを加味するためにも、内容と情報ソース(出典:●●)はセットで提示しましょう。

これら5つのポイントに注意して、情報把握をすると良いでしょう

FRI & Associates 副理事長:高橋建人

Camp専用コラム
情報収集で気をつけるべき5つのポイント
キャンプ最新情報
FRI WinterCamp 2017スタッフ紹介を更新しました
【関東】FRI Winter Camp 2017の申込を受付中です
Campスタッフによるキックオフ合宿を開催しました
FRI WinterCamp 2016を開催しました
FRI WinterCamp 2016スタッフ紹介を更新しました
参加者の感想を更新しました
責任者挨拶を更新しました
【関東】FRI Winter Camp 2016の申込を受付中です(本イベントは終了しました)
FRI WinterCamp 2015を開催しました
FRI Campスタッフ向け勉強会を実施しました
【終了】【関東】FRI Winter Camp 2015の申込受付を開始致しました
開催報告をアップしました(FRI WinterCamp 2014)
【終了】【関東】FRI Winter Camp 2014の申込受付を開始致しました
【終了】【関西】FRI Winter Camp 2013の申込受付を開始致しました
【終了】【関東】FRI Winter Camp 2013の申込受付を開始致しました
FRI AutumnCamp2011参加者の声をアップロードしました
【終了】【関東】 FRI WinterCamp 2012の申込受付を開始致しました
【終了】【関西】 FRI AutumnCamp 2011の申込受付を開始致しました
【関東】FRI Winter Camp 2011の申込受付を開始致しました
【関東】FRI Cafe第5回を1/31(日)に開催します
【関東】FRI WinterCamp 2010の申込受付を開始致しました
Summer Camp2009の開催報告をアップしました
Winter Camp2009の開催報告をアップしました
【関東】FRI WinterCamp2009の申込受付を開始しました
Summer Camp2008の開催報告をアップしました
FRI AutumnCamp 2008の申込受付を開始しました
FRI Summer Camp 2008の申し込みを開始しました
Winter Camp2008の開催報告をアップしました
責任者挨拶を更新しました。
Winter Camp 2008の申込み受付を開始しました
Autumn Camp 2007の開催報告を掲載しました
参加者の感想が増えました。
キャンプの説明
FRI WinterCamp 2017スタッフ紹介
FRI Campとは
プログラム内容
FRI Campのプログラム内容
責任者挨拶
FRI WinterCamp 2017 責任者 – 右田卓也
FRI & Associates 副理事長 - 高橋建人
FRI AutumnCamp 2010 責任者 - 杉村賢治
FRI AutumnCamp 2009 責任者 - 矢代雄一
参加者の感想
社会人スタッフが参加者の成長を本気で応援してくれる
自分の課題を発見し、解決する道筋を定めることができた
自分を見つめ、見つめられる3日間
夢を目指すことへの「やる気」と「希望」を与えてくれた
「日々頑張ろうと決意させてくれたキャンプでした」
「自分自身を知ることができた」
「自分の強みや弱みが見事に浮かび上がりました」
「自分が変わるきっかけを見つけられた」
「成長への次なる課題を与えてくれる場であった」
「みんなと真剣勝負でぶつかり合えたことの意義は大きかった」
様々な学生と交わって「自分のレベル感」を知ること
よくあるご質問
Q.遠方からでも参加できるのでしょうか?
Q.事前や当日の情報収集はどうすれば良いのですか?
Q.1年生・2年生なので、こういったイベントは、まだ早いと思うのですが?
Q.インターンとは何が違うのですか?
Q.初めてのビジコンですが、大丈夫でしょうか?
Q.参加者同士で交流する機会はありますか?
Q.参加者の構成はどうなっていますか?
Q.ノートPCは必要ですか?
Q.インターネット環境はありますか?
Q.Campに必要な持ち物は何ですか?
Q.女性でも参加できますか?
Q.社会人でも参加できるのでしょうか?
Q.途中から参加したり抜けたりすることは可能ですか?
Q.就職活動などの予定が入ってしまった場合、キャンセルできますか?
Q.チームの足手まといにならないか不安ですが、大丈夫でしょうか?
Q.他のビジネスプランコンテストとは何が違うのですか?
Q.参加資格やセレクション(選抜)などはないのですか?
Q.これだけの金額で本当に効果があるのですか?
Q.社会人と交流する時間はありますか?
Q.FRI Camp の参加に向けて事前にやっておいた方が良いことはありますか?
過去のキャンプ
WinterCamp2016開催報告
FRI WinterCamp 2015開催報告
FRI WinterCamp 2014総評
WinterCamp2012 - 写真ギャラリー
WinterCamp 2012総評
WinterCamp2011 総評
Summer Camp2009 総評
Summer Camp 2009 開催報告 - 個人賞
Summer Camp 2009 開催報告 - チーム順位
Summer Camp2009 - 写真ギャラリー
Winter Camp2009 総評
Winter Camp 2009 開催報告 - チーム順位
Winter Camp 2009 開催報告 - 個人賞
Winter Camp2009 - 写真ギャラリー
Autumn Camp 2008総評
Autumn Camp 2008開催報告 - チーム順位
Autumn Camp 2008結果報告 - 個人賞
Autumn Camp 2008写真ギャラリー
Summer Camp 2008 総評
Summer Camp 2008 開催報告 - チーム順位
Summer Camp 2008 開催報告 - 個人賞
Summer Camp 2008 - 写真ギャラリー
Winter Camp 2008 総評
Winter Camp 2008 開催報告 - チーム順位
Winter Camp 2008 開催報告 - 個人賞
Winter Camp2008 - 写真ギャラリー
AutumnCamp2007開催報告(写真付)
AutumnCamp2007結果報告 - チーム順位
AutumnCamp2007結果報告 - 個人賞
Camp協力イベント
Campサイトへのリンクについて
ビジネスプランコンテスト
  • FRI&Associatesトップ