FRI トップ > FRIコラム > プロフェッショナル > なぜ、人の「成長スピード」に大きな差が生まれるのか

なぜ、人の「成長スピード」に大きな差が生まれるのか

2007年8月30日 by 理事長 清水 知輝   

理事長 清水 知輝

盆や正月に帰省したり、昔の会社の仲間と会ったり、あるいは、FRIなどの関係でご無沙汰していた人に会ったりすると、全くわからないくらい良い意味で変わっている人と、ほとんど変わらない人がいる。そんな経験は皆さんにもないだろうか。同じ期間でも、ここまで成長のスピードが違うのか、と驚く事すらある。


では、なぜ人はそれほど成長速度に差が出るのだろうか。


【人が成長するタイミング】


人は、単純化すると、成長するタイミングというのは、ほぼ一つに集約される。
「本当に?」と思うかもしれないが、言われれば納得するだろう。


それは、「失敗」したときである。


「『成功』したとき、ではないのか?」と思う人もいるだろう。
しかし、よく思い出して欲しい。
素直に反省し、そこを何とかすべく頑張ったのは、物事が思った通りに行かず、苦しんだときや、評価が得られなかった時、圧倒的に自分より優秀と思える人に力の差を見せ付けられて、自分はまだまだだ、と思わされた時ではなかっただろうか。
逆に、計画通りに事が運び褒められた時は、嬉しかったとは言え、その後、強烈に何かをしなければならない、という気持ちにはならなかったし、実際にやっていないのではないだろうか。
新卒でも中途でも、「苦難を乗り越えた経験」というのを良く聞かれるが、それは、その人がどれだけ成長しうる人材かを見定める意味も大きいのである。


では、「成功」したときには、どうなるのか。
成功によって得られるのは、「自信」である。
そんな事は当たり前だ、と思うかもしれないが、何事かを行う場合、特に、今まで経験した事のないことや、正解がないものなどにあたる際には、この「自信」の積み重ねが大きく影響してくる。
実際の施策立案やその実施については、数々の方法論などがあるが、それらを取捨選択し実行するには、やはり「自信」がないと、リスクが少ない方法をとりがちだし、逃げをうってしまう事にも繋がる。
だからこそ、「成長」と共に「自信」というのも同じくらい大切である。


すなわち、「失敗」は『成長』を促し、「成功」は『自信』を深める、のである。
人は、この両方のバランスを上手くとって、成長していく。


「失敗」によって学び、成長したことを、今度は「成功」によって確認し、自信に繋げ、次なる挑戦へと導く。
これが、「成長サイクル」というものである。
このサイクルを如何にまわせるかが、個々人の成長スピードの差異となって現れるのだ。


【成長を加速させるために】


「私は「失敗」を経験しているが、なぜ成長に差が出るのかわからない」
という人もいるかもしれない。
「失敗」によって学び、それによって「成長」するのであれば、挑戦をせず「失敗」を避けたり、「失敗」である事を自覚・自省しなかったりすれば、ほとんど「成長」しないのはわかる。
しかし、それだけでは、「成長スピード」自体に差がある事の説明がつきにくい。


実際、やたらと「成長スピード」が速い人がいる。
しかし、その人達の話を聞くと、一つの共通点が見えてくる。
それが、「成長スピード」の差を生み出すと、私は考えている。


単純に言えば、「成長スピード」を加速するには、「成長サイクル」を速く回せば良い。
だが、そんなたくさん「失敗」を積み重ねると、その人自身の立場が危うくなり、腰が引けるのもわかる。


では、どうすれば良いのか。
それは、「どのような事でも、高く明確な「目標」を自ら持ち、それに妥協しない」という事をすれば良い。


「目標」を高く掲げれば、自ずと「失敗」も増えてくる。
人から見たら、十分成果をあげているのに悔しがる人は、やはり成長の速度がはやい。
これは、他人からは「成功」に見えても、その人にとっては「失敗」となるからで、普通に「成功だ」と喜んでいる人よりも、明らかに「成長サイクル」をたくさん回す事に繋がる。


また、それに妥協を持たなければ、更に「成功」は困難となる。
「言われた事をやっていれば良いんでしょ」とか、「自分のレベルならこれくらいで良いだろう」とか思っていれば、目標自体が形骸化したり、低く設定されるため、「成長」には繋がらない。
更に言えば、上手くいったとしても、ひとりよがりな成功体験を積むだけで、そこから得られるのは、「自信」ではなく「過信」となる。


だからこそ、何かをやる時には、「どのような事でも、高く明確な「目標」を自ら持ち、それに妥協しない」事が大切なのである。


そしてもう一つ大切なのは、自らを「挑戦的な環境」に置くことである。
会社のブランドや国などの規制だけで、大半の人が食えてしまうような会社、は官僚も含めかなりあるが(詳しくは、『「ベンチャー企業」か「大企業」か』を参照)、そのような仕事をしていれば、当然ながら「成長サイクル」を数多く回す事は難しくなるし、回せても大したリスクもないため、成長度合いは小さくなる。
もし、強く成長させたい、と願うのであれば、まず、自身の身の置き場、という事から考えた方が良い。
「背水の陣」「火事場の馬鹿力」と言ったように、追い込まれると人は力を発揮しやすい。自らを甘やかしていれば、当然、成長も遅くなると自覚すべきだろう。


これは、組織についても同じ事が言えよう(詳しくは、「マネジメント力4 ~優れた上司とは~ 『成果を出すためにどうすべきか』」にて)。
目標が明確で、それに対して妥協しなければ、組織全体の成長力は高まる。
達成不可能、までいくと無意味だが、ギリギリのラインを設定し、そこに向けて動く事ができれば、組織としての強さは、短期間で高まりやすい。
そして、その組織を構成する人も、当然ながら成長スピードは速まるのである。


最後にまとめよう。
人の成長は、「失敗」によって促される。だからこそ、「失敗」経験は重要なのである。
また、「成長スピード」の差は、「失敗」と「成功」を積み重ねる「成長サイクル」をどれだけ多く回すかに起因している。
そのため、意図的に「成長スピード」をはやめるためには、目標を持つ、それも、普通の人が考えるよりも高い目標を自らに課し、そのレベル感にこだわり、達成できなければ、周りが「十分だ」と言っていたとしても、「失敗」として受け止め、次の成長に繋げる事である。
また、更にストレッチしたければ、「成功」が約束されているような環境に身を置かないようにする事だ。
それをひたすらやり続ける事で、個人は成長するのである。
単なる経験だけでは、人は成長しない。
どれだけ厳しい条件下で、大きな「実績」を挙げたのかが、その人の成長に直結するのだ。


◆筆者紹介
FRI&Associatesの草創期メンバーで、現在NPO法人FRI&Associates 理事長。
外資系コンサルティングファームにて、事業戦略、業務改革、IT導入などを手がけ、その後ベンチャー企業に転進。経験を活かし、あらゆる改革・企画・管理業務を担い、業績拡大を支えつつ、多数の業界大手企業のマーケティングコンサルティングに従事する。実践的なアプローチにより実績多数。
現在はIT系投資育成企業にて、子会社の事業企画や経営改革にあたる。
 
FRI公式ツイッター(筆者が主担当です)
筆者個人ブログ「清水知輝の視点 ~ビジネス・キャリア徒然草~」

 

この記事の評価(平均点): 4.4/5 (これまで 25 人が評価しました)

  • Currently 4.4/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

FRIではご覧になった皆様の評価を常に大切にしています。良い評価も悪い評価も執筆者の大きな励みとなりますので、お気軽に☆マークをクリックしてこの記事を5段階で評価してください。

この記事へのコメント (6件)

いつも楽しく拝見させて頂いてます。失敗について少し考えたのですが、失敗という言葉にとてもネガティブなイメージがありますよね。でも実際は単に「自分の中のモデルと現実の誤差」と定義出来ると思うのです。
そう定義した際、モデルは変えないけれどパラメータを変える失敗と、モデル自体を変える必要を自覚する失敗の二つのレベルがあると考えられます。例えるなら、前者は「上司に怒られる」、後者は「転職先の社風と合わない」といった所でしょうか。
個人的ですが、私の周辺では後者の「失敗」を繰り返している人の方がより大きな成長をしている様に感じます。モデルの修正を迫られる事により、自分自身の潜在的モデルを自覚する事が大きいのかなと考えています。
最後に最近自分の中で流行のゲーテの言葉から:
「望んでいたのもを手に入れたと思い込んでいるときほど、願望から遠く離れていることはない。」
だそうです。

コメントありがとうございます。
確かに、パラメータ(同じ軸で伸ばす)レベルよりも、モデル(思考プロセス)レベルでの「失敗」経験の方が、乗り越えられた時に、より高い成長に繋がりますね。
ただ、リスクマネジメントの観点で言えば、大きな「失敗」ほど乗り越えられない危険性も高まりますので、「いつ」「どこで」「どの程度」の「失敗」をしても良い挑戦をするか、ある程度のコントロールは必要なように思えます。
それと同時に、いつでも「自分はあがった(十分できている)」と思わずに、常に高い目標を持って挑戦していきたい、と思います。

大変興味ある内容でにあり、自分の中で何かが開いた感じです。
ありがとうございました。
今ちょうど三十路です。これからの人生のきっかけをつかんだ様に思います。友達の悩みや辛さを共感しても、やはり最後は自分自身のメンタルと向き合うことなど今まで逃げ腰だった事に挑戦していきたいです。
仕事にしても、もっと自分にできることは何なのか・・少しずつ考えていきたいと思います。

コメントありがとうございます。
これからの人生のきっかけにして貰えて嬉しく思います。
自身の成長は、やはり自身に起因します。そして、自分以外の誰かに何かをするためにも、自身の成長は欠かせません。
無理はせず、しかし、今の自分よりも一歩先を目指して、頑張ってください。

『人の成長は失敗によって促される』。
このフレーズには、とても共感しました。
私(大学3年生)は大学入学から約1年半、出身高校でハンドボールの学生コーチをしていました。その時に目の当たりにしたのは、「『失敗するかもしれないプレーをする勇気のある選手』は軒並み、物凄い早さで上達する」ということでした。また、練習時からチャレンジをすることが出来る選手ほど、公式戦の時にも思い切りの良いプレーが出来るように感じました。

「いま出来るか分からないことに挑戦して、その達成のためには何が足りないのかを知る。その足りない何かを1つ1つ会得していく。その繰り返しが練習」
コーチングは試行錯誤の連続で大変でしたが、こういった考え方でコーチをすることが出来て良かったのかな、と思うことが出来ました。ありがとうございます。

コメントありがとうございます。
「成功パターンを覚えて繰り返す」という話も聞きますが、人はそこまで自分に対して強くないのと、成功体験が上限となって、それ以上の目標設定と継続的努力には繋がらないと思います。ごく稀に、スポーツ界などでも、それを乗り越えられる人もいますね。
私も大学では体育会に所属していましたが、スポーツも確かにそうですよね。高い目標を設定し、様々な取り組みと練習を続けることで、成果に繋がっていく。その時、どうせ上手くないんだから、という気持ちがあったような気がします。
ビジネスに対しても、そういう少しは余裕のある姿勢で臨んでいきたいものです。

コメントを投稿する

※投稿が完了するとメッセージが表示されます。投稿ボタンを押してから少々の間お待ちください。

カテゴリー別 最新記事

Current Topics
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
農政改革と地方再生を考える ~地域格差と農業再生~
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
「原発停止による電力不足」から考える ~太陽光発電活用とエネルギーミックスによる効率化の実現~
セカンドライフの今後を占う
スパ施設の今後を占う
「エコ」の見方
コムスン問題の論点 ~行政とマネジメントのミスリード~
商業施設出店の今後を占う
キャリア・就職
最適な就職先の選び方とは ~後悔しない企業・会社選択方法とキャリアプランニング~
非エリートキャリアのすすめ
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
将来の目標設定の必要性
「ベンチャー企業」か「大企業」か~就職先としての違い~
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「勉強」と「仕事」の大きな違いとは ~仕事の本質を探る~
就職活動からの自分ブランディング ~就職活動でやるべきこととは~
グローバル化がビジネスキャリアに与えるインパクト ~激動の時代を生き抜くために~
キャリアに対する考え方
データ分析
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
数値の本質を読む力とは ~インサイトによる実践的分析とシミュレーションの問題点~
デフレはいつまで続く? ~マクロ経済分析の限界とマーケット視点の重要性~
プロフェッショナル
学びと成長の本質とは ~学習能力と成果を高める方法~
知らずに陥る魔の思考停止とは ~仕事ができない・成果がでない理由~
プロフェッショナルな仕事とは ~そうでない仕事との違い~
答えに「する」力
なぜ、人の「成長スピード」に大きな差が生まれるのか
Morning Cafe Office
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
ホワイトカラーが陥る5つの落とし穴
塩一つで思考を広げることができるか
一流になるためのファッション
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
マネジメント・リーダーシップ
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
「軸」を定める ~課題遂行における本質とは~
リーダーに求められる力・必要とされる力
部下の叱り方
マネジメント力4 ~優れた上司とは~ 『成果を出すためにどうすべきか』
ファシリテーションの本質
リーダーの役割
マネジメント力3 ~優れた上司とは~ 『異性(男性・女性)の部下のマネジメント方法とは』
パワーミーティング
マネジメント力2 ~優れた上司とは~ 『優れた部下育成のあり方とは』
マネジメント力1 ~優れた上司とは~ 『管理職におけるビジネス社内情報管理術』
チェンジマネジメントの本質
女性社員の扱い方
マーケティング・ブランディング
マーケティング力を高める7 『ニーズを生みだす~商品・サービス開発の方法論~』
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
10万円の高級靴は結局得になるか?
間違いだらけのマーケティング
マーケティング力を高める6 『ブルーオーシャン戦略(BLUE OCEAN STRATEGY)』
マーケティング力を高める5 『新マーケティングミックス』
マーケティング力を高める4 『コミュニケーション・ミックス』
マーケティング力を高める3 『コンセプトを打ち立てる』
マーケティング力を高める2 『ターゲットを絞る』
売上至上主義の弊害~日本企業が陥る過ち~
マーケティング力を高める1 『マーケティングとは何か』
ICHIKAMIに見るブランディング戦略
マーケティングの飛躍とその理由 ~マーケティングが企業の命運を担う日~
仕事術・思考方法
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~
仕事は対応を後回しにするほど、業務量が増える ~仕事がはやい人の法則~
仮説と勘を分けるもの
仕事のスケールをあげる
モチベーションの上げ方
コミュニケーション力のインパクト
問題解決力を鍛える方法
問題意識の無いところに、問題解決は無い
仕事が「はやい人」と「おそい人」の違いとは
提案力・営業力
お客さまの心をつかむとは
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
日常スキル
日経新聞はこう読む
コイの処方箋
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
業種・業界・職種
機能しない情報システム部
コンサルタントを活用「できる」会社と「できない」会社 ~元コンサルタントが語るコンサルタント活用法~
企業の再生・育成の仕事 ~真のハンズオンとは何か~
時代遅れなメーカーの実態
コンサルティングの現場とは
経営戦略論
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
企業参謀
戦略立案の実務
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
コストワールドとスループットワールド

著者別 最新記事

創設者 河合 拓創設者 河合 拓
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
企業参謀
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
仕事のスケールをあげる
10万円の高級靴は結局得になるか?
戦略立案の実務
間違いだらけのマーケティング
コミュニケーション力のインパクト
答えに「する」力
部下の叱り方
問題解決力を鍛える方法
Morning Cafe Office
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
アンストラクチャーなテーマに軸をはる

 >>他記事はこちら(記事一覧)

スタッフ 木原 工スタッフ 木原 工
お客さまの心をつかむとは
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
日経新聞はこう読む
セカンドライフの今後を占う
将来の目標設定の必要性
スパ施設の今後を占う
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
商業施設出店の今後を占う
 スタッフ スタッフ
モチベーションの上げ方
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
問題意識の無いところに、問題解決は無い
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
リーダーの役割
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
時代遅れなメーカーの実態
キャリアに対する考え方
スタッフ 宮崎 善輝スタッフ 宮崎 善輝
コイの処方箋
「エコ」の見方
理事長 清水 知輝理事長 清水 知輝
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~

 >>他記事はこちら(記事一覧)

理事 高橋建人理事 高橋建人
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
仮説と勘を分けるもの
  • RSS