FRI トップ > FRIコラム > プロフェッショナル > ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事

ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事

2007年7月25日 by スタッフ   

 スタッフ

昨日、定例の部会でのこと。午後一から開始した会議に出席しながら、「ああ、こうやって大企業はダメになっていくのだ」とつくづく実感した。大企業は一人当たりの生産性が低いと言われるが、まさにその通りだ。高価な人件費をかけて無駄な作業を延々とやっている。ただ、他人事だと笑い話では済ませてしまって良いのだろうか?みなさんのまわりにも、その魔の手は忍び寄っているのではないだろうか?大企業の衰退メカニズムの分析を通して、企業で働く我々自身のあるべき姿について考えたい。


【ダメな会議】
昨日は2週間に1度の部の会議であった。午後13時から10名強の部員全員が一つの長テーブルを囲んで向き合い、部内のことについて議論し合った。議題は、営業の売上システムの話である。現在、私の所属している部署は、営業戦略部といういかにも格好良い名前の部署で、販売会社の本体の経営企画部門である。論点は、「各支社ごとで集計している売上実績と、本体側で集計している売上実績があわない」という点に対して、「どうして合わないのか?」という点であった。

結論から言えば、この数値は合わなくて当たり前なのだ。各支社の集計は実際の売上金額の総額であるのに対して、本社側で見ている金額は、本社側の大手法人を専任している営業担当が関与した売上金額の総計だからである。言ってしまえば、前者は実際の数字、後者はシミュレーションの世界の数値である。売上システムの話はどうでも良い。私が言いたいのは、そんなすぐにでも分かるようなことを、「その理由がなぜなのか?」と10人もの人間が集まって、2時間以上も欠けて延々と議論している奇怪さだ。月何十万円ももらっているような課長、部長連中が2時間以上も集まって議論することなのかと。さらに悪いことには、結局、何も結論が出ないまま、今後の何の方針も出ないまま終わってしまった。部長の終わりの言葉は、「引き続き原因追求に努めよう」だ。これはもう笑いごとではない。

【ダメな上司】
実を言うと、この議論が意味も無くこれだけ延々と議論されるのには、意味がある。皆さんはその理由が分かるだろうか?理由は、「お偉いさんから報告を求められたから」だ。要は、会社の上層部が、各支社の実績と本社の実績の数値を比較して、その違いを疑問に思い、なぜその数値が違うのかを経営企画部の部長である、私の上司に報告を求めたからだ。

この答えを聞いて、「うんうん」とうなづいているあなたは、おそらく大企業に勤めている方だろう。そして、あなたの会社もかなり大企業病に侵されてしまっている。大きな組織では、「上層部がそうしろと言ったから」、「上層部が報告を求めているから」というのが、仕事をする上での重要な理由に位置づけられてしまっている。言うなれば、水戸黄門の印籠だ。その印籠が突きつけられたら最後、普段の仕事の優先順位はそっちのけで、その仕事が何の意味があって、会社にどれだけの利益をもたらすのかも検証されないまま、とにかくやらなければならないのだ。正直、私はばかばかしいと思いながら、一生懸命くだらない議論に熱中している部長、課長連中を冷めた目で眺めていた。

「それは合わないのが当たり前です。そもそも、その二つの数字は全く別物なので。少なくとも現状の売上システムでは、その二つは合うようにはできていませんが、それは問題でしょうか?」
「もし必要であれば、支社の売上システムをすべて解析し、本社の売上システムとの整合性を検証した上で、合わない理由をすべて洗い出します。そして、それをもとに双方の売上システムを見直し、新たにシステムを作り直します。そうすれば、双方の数字は整合性が取れるようになります。ただし、そのためには、当部署が全員がかりで何ヶ月か時間をかけて取り組む必要があります。本件は本当にそこまでする必要があるのでしょうか?判断ください。」
私の上司が上層部に対して、そう言えば済むことなのだ。上層部とて、その数字の意味が分かって言っているわけではない。ただ単純に、「数字が合わないのなぜだろう?」程度の思いつきの質問なのだ。にもかかわらず、そのくだらない質問に答えるのに、日中の重要な時間の大部分を割いているのだ。

大企業の中間管理職には、こういうタイプが多い。彼らの問題点は、自分の役割や自分の仕事の目的が全く理解できていないことである。彼らは、部として価値を出すために何をすべきか、自分の今の仕事が会社にどう貢献するかによって動くのではない。「上から言われたからやらなければならない」、「上の機嫌を損ねないためには、これをしておかなければならない」というのが、彼らの行動原理のすべてなのだ。

【ダメな仕事】
上記のことは、必ずしも大企業の中間管理職に限ったことではない。我々自身についても同じことが言える。皆さんは、日々の仕事の中でどれだけ自分の仕事の意味と価値を理解した上で、目的意識を持って仕事をしているだろうか。部長に言われたから、先輩に言われたから、という理由で何も考えず仕事をやってしまってはいないだろうか?

もちろん、必ずしもそのこと自体は悪いことではない。下が上から言われたことをただ単純にこなしている方が組織として効率的な場合はもちろんあるし、そういった組織形態を否定するつもりも無い。ただ、少なくともその時点で我々は、単なる作業者である。肉体労働に励むブルーワーカーでしかない。上から言われたことを、何も考えずただ単純にこなすことは、非常に楽である。何も考える必要はないし、その結果に対する責任も無い。なぜなら、彼は作業を請け負ったにすぎず、その責任は指示した上司にあるからだ。

ただ、そんな仕事のやり方は、決してプロフェッショナルな人のやり方とは言えない。仕事で作業以上の価値を出すことはできないし、自分の力で自分の道を切り開いていくこともできないだろう。10年後、20年後には、会社に飼われ、会社に迎合し、上司の機嫌を伺って仕事をするようなヒラメ社員になるのが関の山だ。

先の会議の例も、上司の例も、仕事の例も、共通して言えることは、その目的と価値を認識できていないことにある。人は考えることに対して怠惰な生き物だ。考えることなく、目的意識を忘れ、ただ単純に作業をこなすことは非常に楽なことなのだ。ただ、断言していいが、その楽さに流され、楽な仕事の仕事をしている人に、自立的な未来はない。ただし、そういった生き方も、生き方の一つであり、それはそれで否定するものではない。

大切なのは、我々がそういった生き方をしたいかどうかだ。そうでない生き方をしたければ、いくら辛くても、いくら厳しくても、目的意識を持って、時には上とぶつかりながら戦って行く必要があるのではないだろうか。

 
 
◆著者紹介
三島 正寛 (みしま まさひろ)
総合電機メーカーにて営業企画を経験後、企画部門のあり方に限界を感じ、自ら志願して現場の営業に異動。新規商品の事業拡大・販路開拓の営業に従事。2年間で多大な実績を残し、事業拡大に大きく貢献する。
現在、FRIの副代表理事。FRIがNPO法人化する以前から組織の運営参画し、早4年になる。今後、ますますFRIという組織を拡大・成長させるために代表の清水とともに日々奮闘中。

 

この記事の評価(平均点): 4.4/5 (これまで 29 人が評価しました)

  • Currently 4.4/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

FRIではご覧になった皆様の評価を常に大切にしています。良い評価も悪い評価も執筆者の大きな励みとなりますので、お気軽に☆マークをクリックしてこの記事を5段階で評価してください。

この記事へのコメント (1件)

人は誰もが生活環境に則った生き方をしている。
基本的に誰しもがそうだ。
その生活環境から学びえたこと仕事上に依存させて業務に就くわけだ。
よって考え方を変えるという行為は仕事上だけに特化すれば良いものではない。
仕事の怠慢はある意味プライベートの怠慢の表れでもあるからだ。
その証拠に60年前と現在のヒューマニズムは明らかに異なる。
それは時代環境からの影響がもたらしたものとなり、その根源は教育方針や家庭環境の変化からさかのぼる事になるのだ。
しかし、自己性格の見直しや対人心理攻略などを教える学校などないのも事実。
教育の中で自分を確実に見直せるような教育プロセスが欠落した状態にある。
自分を考えることこそ世の中でもっとも深い考えとなり、自分を知る事が生き方のパターンを変えられる唯一の方法なのだ。

コメントを投稿する

※投稿が完了するとメッセージが表示されます。投稿ボタンを押してから少々の間お待ちください。

カテゴリー別 最新記事

Current Topics
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
農政改革と地方再生を考える ~地域格差と農業再生~
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
「原発停止による電力不足」から考える ~太陽光発電活用とエネルギーミックスによる効率化の実現~
セカンドライフの今後を占う
スパ施設の今後を占う
「エコ」の見方
コムスン問題の論点 ~行政とマネジメントのミスリード~
商業施設出店の今後を占う
キャリア・就職
最適な就職先の選び方とは ~後悔しない企業・会社選択方法とキャリアプランニング~
非エリートキャリアのすすめ
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
将来の目標設定の必要性
「ベンチャー企業」か「大企業」か~就職先としての違い~
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「勉強」と「仕事」の大きな違いとは ~仕事の本質を探る~
就職活動からの自分ブランディング ~就職活動でやるべきこととは~
グローバル化がビジネスキャリアに与えるインパクト ~激動の時代を生き抜くために~
キャリアに対する考え方
データ分析
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
数値の本質を読む力とは ~インサイトによる実践的分析とシミュレーションの問題点~
デフレはいつまで続く? ~マクロ経済分析の限界とマーケット視点の重要性~
プロフェッショナル
学びと成長の本質とは ~学習能力と成果を高める方法~
知らずに陥る魔の思考停止とは ~仕事ができない・成果がでない理由~
プロフェッショナルな仕事とは ~そうでない仕事との違い~
答えに「する」力
なぜ、人の「成長スピード」に大きな差が生まれるのか
Morning Cafe Office
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
ホワイトカラーが陥る5つの落とし穴
塩一つで思考を広げることができるか
一流になるためのファッション
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
マネジメント・リーダーシップ
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
「軸」を定める ~課題遂行における本質とは~
リーダーに求められる力・必要とされる力
部下の叱り方
マネジメント力4 ~優れた上司とは~ 『成果を出すためにどうすべきか』
ファシリテーションの本質
リーダーの役割
マネジメント力3 ~優れた上司とは~ 『異性(男性・女性)の部下のマネジメント方法とは』
パワーミーティング
マネジメント力2 ~優れた上司とは~ 『優れた部下育成のあり方とは』
マネジメント力1 ~優れた上司とは~ 『管理職におけるビジネス社内情報管理術』
チェンジマネジメントの本質
女性社員の扱い方
マーケティング・ブランディング
マーケティング力を高める7 『ニーズを生みだす~商品・サービス開発の方法論~』
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
10万円の高級靴は結局得になるか?
間違いだらけのマーケティング
マーケティング力を高める6 『ブルーオーシャン戦略(BLUE OCEAN STRATEGY)』
マーケティング力を高める5 『新マーケティングミックス』
マーケティング力を高める4 『コミュニケーション・ミックス』
マーケティング力を高める3 『コンセプトを打ち立てる』
マーケティング力を高める2 『ターゲットを絞る』
売上至上主義の弊害~日本企業が陥る過ち~
マーケティング力を高める1 『マーケティングとは何か』
ICHIKAMIに見るブランディング戦略
マーケティングの飛躍とその理由 ~マーケティングが企業の命運を担う日~
仕事術・思考方法
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~
仕事は対応を後回しにするほど、業務量が増える ~仕事がはやい人の法則~
仮説と勘を分けるもの
仕事のスケールをあげる
モチベーションの上げ方
コミュニケーション力のインパクト
問題解決力を鍛える方法
問題意識の無いところに、問題解決は無い
仕事が「はやい人」と「おそい人」の違いとは
提案力・営業力
お客さまの心をつかむとは
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
日常スキル
日経新聞はこう読む
コイの処方箋
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
業種・業界・職種
機能しない情報システム部
コンサルタントを活用「できる」会社と「できない」会社 ~元コンサルタントが語るコンサルタント活用法~
企業の再生・育成の仕事 ~真のハンズオンとは何か~
時代遅れなメーカーの実態
コンサルティングの現場とは
経営戦略論
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
企業参謀
戦略立案の実務
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
コストワールドとスループットワールド

著者別 最新記事

創設者 河合 拓創設者 河合 拓
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
企業参謀
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
仕事のスケールをあげる
10万円の高級靴は結局得になるか?
戦略立案の実務
間違いだらけのマーケティング
コミュニケーション力のインパクト
答えに「する」力
部下の叱り方
問題解決力を鍛える方法
Morning Cafe Office
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
アンストラクチャーなテーマに軸をはる

 >>他記事はこちら(記事一覧)

スタッフ 木原 工スタッフ 木原 工
お客さまの心をつかむとは
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
日経新聞はこう読む
セカンドライフの今後を占う
将来の目標設定の必要性
スパ施設の今後を占う
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
商業施設出店の今後を占う
 スタッフ スタッフ
モチベーションの上げ方
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
問題意識の無いところに、問題解決は無い
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
リーダーの役割
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
時代遅れなメーカーの実態
キャリアに対する考え方
スタッフ 宮崎 善輝スタッフ 宮崎 善輝
コイの処方箋
「エコ」の見方
理事長 清水 知輝理事長 清水 知輝
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~

 >>他記事はこちら(記事一覧)

理事 高橋建人理事 高橋建人
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
仮説と勘を分けるもの
  • RSS