FRI トップ > FRIコラム > プロフェッショナル > 塩一つで思考を広げることができるか

塩一つで思考を広げることができるか

2007年7月 6日 by 創設者 河合 拓   

創設者 河合 拓

「ガンジー」という映画を見たことがあるだろうか。イギリスがインドに攻め込み「塩」を奪うことで国民を掌握しようとしたシーンがあった。そう、塩というのは人間が食べ物を口に入れるために絶対に必要なものであり、国家戦略物資なのである。昔、日本にも専売公社という公営の会社がいて「塩」の販売を独占していたのはそのためだったのだ。当時の発想は、もし日本のある一社が塩を独占し、「資本の論理」で値段をつり上げれば、「ガンジー」にでてくるインドのような悲惨な目に遭うと言うことである。しかし、こんなばかげた理屈を現代でも信じている人は誰もいない。

 今は、むしろ公営の会社の非効率が日本の国際競争力をそぎ、いわゆる国民にとっても生活コストを上げているガンになっているという意識の方が強いだろう。そこで、この「塩」の販売も民間企業にゆだねられたのである。


 イギリスに攻め込まれたインドと今の日本が決定的に違うのは、誰かが資本の論理で「塩」を独占しても、中国やアメリカから山のように塩など輸入できると言うことだ。実際に、東北など寒い地域に道路などにまかれる産業資材用の塩(食塩ではない)は、ほとんど海外からの輸入になっている。もちろん、海外から食塩を輸入してもなんら味的に問題はない(と私は思う)。


 そこで、食卓を見ていると「沖縄の塩」、「天然乾しの塩」「なんとかの塩」など、塩の味を差別化
して様々な「こだわりの塩」が店頭に並ぶようになってきた。これは、もちろん中国などの安価な塩に対して民営化された塩の販売会社が「生き残り」をかけて工夫をしている結果である。それが原因かどうか分からないが、最近「塩味」が通好みになってきているなと感じるのは私だけではないだろう。ちょっとしたお寿司屋さんにいけば、白身などは塩で食べる食べ方を進められるし、私などは最近ではラーメンは「塩」意外に食べない。私の食卓では「冷や奴」は「塩」で食べるし、焼きそばも塩味が好きだ。他の人も、昔の「食塩」だとなんの味も素っ気もないが、最近の「こだわりの塩」であれば、いろんな食べ方をしている人がいると思う。


 塩というのは、素材の味を大事にする日本人にとって特別なもので、とりあえず(食べられるように)塩味という西洋の考え方と違い、塩の「味そのもの」が大事なのである。つまり、当初、国家戦略物資である塩を国民のために国が保護するという目的だったのだろうが、皮肉にも、国が日本人の食文化を殺していたということが露呈したと言うことになる。これは、よかれと思って子供のいらない世話をやきすぎて子供の自立心を奪っている「過保護ママ」と同じ構造だ。


 余談だが、味の素という超優良企業がある。この会社は人間の味覚(あまい、しょっぱい、からい、すっぱい)に「うまみ」があると主張し、グルタミン酸でそれを実現した珍しい会社だ。単純に「うまみ」などといわれてもいかさまくさい気がするから、独占企業として国に目をつけられなかったのだろう。しかし、スープで出汁を取るときに昆布を使うように、人の味覚には確かに「うまみ」は存在する。このグレーな部分を独占しているのが同社なのだ。同社の「うまみ」の世界シェアは70%に達するそうだ。グルタミン酸から「うまみ」をつくるのもそれほど難しいような気もしないが、以外とノウハウがあるらしくアジアなどの企業がまねをしているようだが、同社の牙城を崩すには至っていない。もはや、人間が食べ物を食べる限り、絶対に倒産しないほどの優良企業となるわけだ。


 実際に、この理論は大手商社の売り上げ構成を見ても明らかだ。彼等の利益のほとんどはエネルギー(とくに財閥系ほどその傾向は強い)で、ようは「生活必需品」を握っていれば「安泰」ということなのである。これが財閥企業の優位性だ。これに対して非財閥の伊藤忠などは、ファッション事業など、いわば、なくても生活に困らない物資で利益を上げている。いくら売上が財閥企業に近づいても、この事業基盤の違いはいかんともしがたいというわけだ。その意味で、私は非財閥企業である伊藤忠商事などの方が財閥系の商社マンよりも商売という意味では優秀だと思っている。


 さて、「塩」というキーワードから、競争環境と食文化の関係、生活必需品と独占事業の関係を考察してきた。実は、今日の夕飯が「塩焼きそば」だったので、食べながらこんなことを考えていたのだ(笑)私はよく、このように一つのキーワードからあれやこれやと思考を張り巡らし、いろんな理論を組み立てるのが好きだ。周りから見ていると、焼きそばを食いながらこんなことを一人で考えているのだから、気持ち悪く見えるかも知れないが、こうした思考の癖がコンサルティングの問題解決に非常に役に立っているのはいうまでもない。私がおおよそ問題を聞いただけでその構造を把握するのができるのは、こんなことを毎日しているからである。


もっと読みたい方は→FRI Magazine: http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/09/P0000975.html

【著者】
河合 拓 (かわい たく)

経営コンサルタント 広く流通、小売業界に対して事業の立て直し、組織改革などを行っている。得意領域はマーケティング、事業戦略、生産性向上、営業改革、ナレッジマネジメント導入など。手がけた企業は国内外の大手上場企業。製造業、IT 企業、総合商社、流通企業など。赤字の上場企業を半年で黒字化させるなど、過去5社の立て直しを行いすべて成功裏に終わっている。

NPO法人FRIの設立者(現在はシニアアドバイザー) 自民党への政策提言、私立大学と大手商社と産学協同ブランド開発プロジェクト、大学生向け就職支援、中小企業向けコンサルティングなどを行っている。

ベンチャー事業会社経営顧問(社長付け経営戦略アドバイザー)グローバルに展開するアパレル企画会社の社長直属の戦略アドバイザーを務め、アジアに展開するブランド戦略に関する立案を支援している。また、公開企業のコンサルティング事業部、部長代行も勤める。

(講演、執筆)
繊研新聞 (全国紙)
「間違いらだけのQR」「ファッション業界は08年に起きる地殻変動に備えよ」連載
チェーンストアエイジ 「キャッシュフロー経営」
大手都銀向けビジネス雑誌寄稿
大手製造業向けビジネスマガジン寄稿

政策学校一新塾 (大前研一設立) 講師
「ロジカルシンキングと会議の設定」
「仮説構築と情報収集、分析の技術」
「プロジェクトマネジメント」
「モチベーションマネジメント」

 

この記事の評価(平均点): 4.5/5 (これまで 4 人が評価しました)

  • Currently 4.5/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

FRIではご覧になった皆様の評価を常に大切にしています。良い評価も悪い評価も執筆者の大きな励みとなりますので、お気軽に☆マークをクリックしてこの記事を5段階で評価してください。

コメントを投稿する

※投稿が完了するとメッセージが表示されます。投稿ボタンを押してから少々の間お待ちください。

カテゴリー別 最新記事

Current Topics
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
農政改革と地方再生を考える ~地域格差と農業再生~
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
「原発停止による電力不足」から考える ~太陽光発電活用とエネルギーミックスによる効率化の実現~
セカンドライフの今後を占う
スパ施設の今後を占う
「エコ」の見方
コムスン問題の論点 ~行政とマネジメントのミスリード~
商業施設出店の今後を占う
キャリア・就職
最適な就職先の選び方とは ~後悔しない企業・会社選択方法とキャリアプランニング~
非エリートキャリアのすすめ
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
将来の目標設定の必要性
「ベンチャー企業」か「大企業」か~就職先としての違い~
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「勉強」と「仕事」の大きな違いとは ~仕事の本質を探る~
就職活動からの自分ブランディング ~就職活動でやるべきこととは~
グローバル化がビジネスキャリアに与えるインパクト ~激動の時代を生き抜くために~
キャリアに対する考え方
データ分析
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
数値の本質を読む力とは ~インサイトによる実践的分析とシミュレーションの問題点~
デフレはいつまで続く? ~マクロ経済分析の限界とマーケット視点の重要性~
プロフェッショナル
学びと成長の本質とは ~学習能力と成果を高める方法~
知らずに陥る魔の思考停止とは ~仕事ができない・成果がでない理由~
プロフェッショナルな仕事とは ~そうでない仕事との違い~
答えに「する」力
なぜ、人の「成長スピード」に大きな差が生まれるのか
Morning Cafe Office
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
ホワイトカラーが陥る5つの落とし穴
塩一つで思考を広げることができるか
一流になるためのファッション
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
マネジメント・リーダーシップ
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
「軸」を定める ~課題遂行における本質とは~
リーダーに求められる力・必要とされる力
部下の叱り方
マネジメント力4 ~優れた上司とは~ 『成果を出すためにどうすべきか』
ファシリテーションの本質
リーダーの役割
マネジメント力3 ~優れた上司とは~ 『異性(男性・女性)の部下のマネジメント方法とは』
パワーミーティング
マネジメント力2 ~優れた上司とは~ 『優れた部下育成のあり方とは』
マネジメント力1 ~優れた上司とは~ 『管理職におけるビジネス社内情報管理術』
チェンジマネジメントの本質
女性社員の扱い方
マーケティング・ブランディング
マーケティング力を高める7 『ニーズを生みだす~商品・サービス開発の方法論~』
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
10万円の高級靴は結局得になるか?
間違いだらけのマーケティング
マーケティング力を高める6 『ブルーオーシャン戦略(BLUE OCEAN STRATEGY)』
マーケティング力を高める5 『新マーケティングミックス』
マーケティング力を高める4 『コミュニケーション・ミックス』
マーケティング力を高める3 『コンセプトを打ち立てる』
マーケティング力を高める2 『ターゲットを絞る』
売上至上主義の弊害~日本企業が陥る過ち~
マーケティング力を高める1 『マーケティングとは何か』
ICHIKAMIに見るブランディング戦略
マーケティングの飛躍とその理由 ~マーケティングが企業の命運を担う日~
仕事術・思考方法
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~
仕事は対応を後回しにするほど、業務量が増える ~仕事がはやい人の法則~
仮説と勘を分けるもの
仕事のスケールをあげる
モチベーションの上げ方
コミュニケーション力のインパクト
問題解決力を鍛える方法
問題意識の無いところに、問題解決は無い
仕事が「はやい人」と「おそい人」の違いとは
提案力・営業力
お客さまの心をつかむとは
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
日常スキル
日経新聞はこう読む
コイの処方箋
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
業種・業界・職種
機能しない情報システム部
コンサルタントを活用「できる」会社と「できない」会社 ~元コンサルタントが語るコンサルタント活用法~
企業の再生・育成の仕事 ~真のハンズオンとは何か~
時代遅れなメーカーの実態
コンサルティングの現場とは
経営戦略論
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
企業参謀
戦略立案の実務
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
コストワールドとスループットワールド

著者別 最新記事

創設者 河合 拓創設者 河合 拓
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
企業参謀
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
仕事のスケールをあげる
10万円の高級靴は結局得になるか?
戦略立案の実務
間違いだらけのマーケティング
コミュニケーション力のインパクト
答えに「する」力
部下の叱り方
問題解決力を鍛える方法
Morning Cafe Office
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
アンストラクチャーなテーマに軸をはる

 >>他記事はこちら(記事一覧)

スタッフ 木原 工スタッフ 木原 工
お客さまの心をつかむとは
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
日経新聞はこう読む
セカンドライフの今後を占う
将来の目標設定の必要性
スパ施設の今後を占う
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
商業施設出店の今後を占う
 スタッフ スタッフ
モチベーションの上げ方
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
問題意識の無いところに、問題解決は無い
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
リーダーの役割
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
時代遅れなメーカーの実態
キャリアに対する考え方
スタッフ 宮崎 善輝スタッフ 宮崎 善輝
コイの処方箋
「エコ」の見方
理事長 清水 知輝理事長 清水 知輝
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~

 >>他記事はこちら(記事一覧)

理事 高橋建人理事 高橋建人
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
仮説と勘を分けるもの
  • RSS