FRI トップ > FRIコラム > マーケティング・ブランディング > 10万円の高級靴は結局得になるか?

10万円の高級靴は結局得になるか?

2008年1月20日 by 創設者 河合 拓   

創設者 河合 拓

高級靴が流行っているという。ジョンロブ、エドワードグリーン、ベルルッティーなど一足10万円以上もする高級靴が売れているし、ファッション雑誌を読んでも特集が組まれている。

 webを見てみよう。彼方此方に、エドワードグリーンを買った、チャーチを買ったという人が「自慢の」靴の写真をwebにアップしている。そして、(ほぼ例外なく)こう書かれているはずだ


「高級靴は10年も長持ちする。だから、長い目で見ても安いのだ。例えば、一足 8000円の靴を一年で毎年買い換えても、高級靴は毎年は1万円だ。一方、履きやすさは天と地の違いがある。だから、高級靴はコスト対効果がよいのだ」と。


 こういう記述を読むと、私は「ああ、日本人はやっぱりブランドというものがよく分かっていないのだ」と思う。


 まず、こういう人に限って、高級靴は必ず複数持っている。つまり、毎年1万円どころか、毎年3万円、4万円の減価償却費になる。さらに、10年も使えば、最低でも3回はオールソールが発生する。一回のオールソールは2万円以上するから、さらにコストはかかる。また、決定的なのは、8000円の靴は1年で一回つぶれてしまう、という理屈だ。そんな話は聞いたことはない。8000円でも、10万円靴と同じようにローテーションを組めば、グッドイヤーウエルティッド製法ではなくても余裕で3年は持つだろう。つまり、高級靴は結局は安いのだ、というのは間違いなのである。高いものは高いのだ。


 それでは、なぜ、高級靴を買った人は「結局は安くなる」というのだろうか。それは、日本人が「精神価値」というものを理解していないからだ。ブランド品は、「安いから」買うのではない。「ステータス、高い感性」などという、物理価値ではない精神的な価値が高いから買うのである。ヨーロッパなどブランドが発達した国では、消費者は「高いもの」を贅沢品として認めて買っている。同様に、こういう高級靴を買っている人も、間違いなく、ここに満足感を感じているのだ。しかし、それを自分で認めようとしない、自分に「いい訳」を無理な理屈で作っているだけである。そうしないと、高いお金を出した「意味合い」を自分の腹に落とせないから、だ。


 日本でブランドビジネスが育たないのは、こういう日本人の精神構造、すなわち、物理価値=絶対価値という戦後の工業化時代のDNAが体に組み込まれているからだろう。嘘だと思うなら、最近ヴィトンを買った人に、なぜ、ヴィトンのバッグを買ったのと聞いてみて欲しい。きっと、「丈夫で長持ちするから」というだろう。


 私が、日本からブランドは生まれない、日本はブランドの消費国だ、という理由はここにある。


* この文章は河合拓の個人ブログ 「事業再生コンサルタント河合拓の視点」の過去のものから抜粋しています

もっと読みたい方は→http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/09/P0000975.html

【著者】
河合 拓 (かわい たく)
経営コンサルタント 広く流通、小売業界に対して事業の立て直し、組織改革などを行っている。得意領域はマーケティング、事業戦略、生産性向上、営業改革、ナレッジマネジメント導入など。手がけた企業は国内外の大手上場企業。製造業、IT 企業、総合商社、流通企業など。赤字の上場企業を半年で黒字化させるなど、過去5社の立て直しを行いすべて成功裏に終わっている。
NPO法人FRIの設立者(現在はシニアアドバイザー) 自民党への政策提言、私立大学と大手商社と産学協同ブランド開発プロジェクト、大学生向け就職支援、中小企業向けコンサルティングなどを行っている。

(講演、執筆)
繊研新聞 (全国紙)
「ザ・ターンアラウンド」アパレル業界の事業再生 2007年 9月より連載予定
「間違いらだけのQR」「ファッション業界は08年に起きる地殻変動に備えよ」連載
チェーンストアエイジ 「キャッシュフロー経営」
大手都銀向けビジネス雑誌寄稿
大手製造業向けビジネスマガジン寄稿

政策学校一新塾 (大前研一設立) 講師 経営戦略アドバイザ
「ロジカルシンキングと会議の設定」
「仮説構築と情報収集、分析の技術」
「プロジェクトマネジメント」
「モチベーションマネジメント」

 

この記事の評価(平均点): 2.7/5 (これまで 67 人が評価しました)

  • Currently 2.7/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

FRIではご覧になった皆様の評価を常に大切にしています。良い評価も悪い評価も執筆者の大きな励みとなりますので、お気軽に☆マークをクリックしてこの記事を5段階で評価してください。

この記事へのコメント (11件)

こういった考え方僕もしてしまいます。
モノを買うとき減価償却的な発想で価値を測ってしまう。
ようするに、日本人はケチなんですかね。

ただこの記事のタイトルを読んだ瞬間思い浮かんだのは、履いている靴が高級なほうが顧客先などで交渉・プレゼンするときの印象が良くなり支払われる報酬も高くなるから結果的に得するほうの話しでしたが。

どちらにせよブランドというのは実価値よりも、それを持つことによる自信など、精神的な魅力があるからこそ買われるものなんですね。

実は、私も減価償却的発想で買っています。。
財布からクレジットカード出すときぐずってしまうんですね(笑)そんなとき、いや、高いもの買った方が結局安くつくんだよ、と自分を説得するわけです。
我々の精神構造の中には「贅沢は敵だ」という戦争中の価値観がすり込まれているのかもしれません。そういえば、昔水前寺清子が「ぼろは着てても心の錦〜」って歌を歌っていました。

著者のその他の論考には賛成できるものが多いです。
しかし、本論は暴論として同意できません。

『日本人が「精神価値」というものを理解していない』という点、あまりにも一般論化しすぎていると感じます。
おそらく著者自身の個人的感覚を他者に投影しすぎではないでしょうか。

私は自分でもブランド物の価値の本質は、高価で社会的に高評価なものを入手することの自己満足か、もしくはそれが他者に気づかれることによる優越感の獲得効果だと感じています。

そのように言語化する人は少ないでしょうが、感覚として同じものを抱く人は少なくないでしょう。

なぜ多くの若い日本人女性がこれほどヴィトンを買うのでしょう?(確かLVMHの売上の4割は日本からだとのこと)

なぜ、生活に困らず高等教育に進める社会階層の家庭に属する女子学生がナイトビジネスに精を出してまでブランドバッグを買うのでしょう?
(キャバクラの現実を知る人ならば驚く話ではありません)

なぜ、6畳一間のアパートに住んで5年ローンを払ってまで中古のフェラーリを買う人がいるのでしょう?
(現実には少ないですが、このような趣旨の人気車雑誌の連載が現実にあります。

本論の主張がもし、ブランド、特にファッションブランドの「使い方」もしくは「手に入れ方」が欧米のそれと違い間違っている、という主張なら理解できますし同意です。

しかし、ブランド品を「安いから」買っているなどという人は確実にマイノリティでしょう。

嘘だと思うなら、初めてヴィトンを手に入れた女性をサンプルに、なぜヴィトンなのかと”実際に”聞いてみて下さい。

半数以上は、「ずっと欲しかったから」もしくは「カワイイから」、あるいは「皆がもっているから」、さらには「パパ/彼がくれたから」といった答えでしょう。

>10年も使えば、最低でも3回はオールソールが発生する。
オールソール交換に至る前に、ヒールやつま先補修などの細かい修理をしかるべきタイミングで行えば、オールソール交換を伸ばすことができるため、結果、修理費用を安く抑えることができます。したがって10年で、3回もオールソールする必要は必ずしもありません。(ローテーションを組めばなおさらです。)

>一回のオールソールは2万円以上するから、さらにコストはかかる。
1万円前半から修理をする店(小さな店では1万円を切るところもあります。)が多数存在します。

>また、決定的なのは、8000円の靴は1年で一回つぶれてしまう、という理屈だ。そんな話は聞いたことはない。8000円でも、10万円靴と同じようにローテーションを組めば、グッドイヤーウエルティッド製法ではなくても余裕で3年は持つだろう。

たしかにローテーションを組めば靴の寿命は延びるでしょうが、所有者の取り扱い方や、靴底の材質など、寿命に影響を与える要素は様々なので、「3年」と言い切る根拠としては不十分です。

著者が想定する修理コスト、耐用年数でいえば、たしかに高級靴の費用対効果は決して高いといえるものではないかもしれません。しかし、実際は使用する修理屋や、靴底の材質、所有者の取り扱い方によって、修理コストも耐用年数も大きく変化するものです。
以上、あげ足を取ったような論調かもしれませんが、経営コンサルタントをされている方の主張としては、あまりにも客観性に欠け、主観的視点に陥っている気がしたので、コメントさせて頂きました。

たぶん書いている人は、一度も高級な靴をはいたことがないと思います。高級な靴の何が一番違うかと言うと革が違います。
良い革は靴という酷使される条件でも本当に10年使える可能性があります。(ちなみに皮と革は違います)
私が持っている靴で現在9年酷使している靴がありますが、革の丈夫さは感動ものですよ。
良い靴は1足の靴に適材適所で何種類もの革を使い分けているので形崩れが少ないです。
良い靴は経済的というのは嘘ではないと思います。個人的価値観では、ヒールとかソールの修理は安い店で十分だと思います。
革の靴底なんて滑るから良くないですよ。私は修理の時にゴムにかえてしまいます。
ブランドというのは良い物を作り続けることによって確立されるのだと思います。それには当然費用対効果も含まれると思います。総合的に価格程の満足感が得られなければブランドとして確立されないし、現在ブランドとされていても遅かれ早かれ衰退するでしょう。

高い靴、安い靴と言っていますがなぜ高いか考えてみてください
勿論ブランドだからです。
でもこのブランドができて最高級ブランドにまでなったのにはただ一人の職人さんやデザイナーさんが少しの妥協もせずにこだわってこだわってこだわり貫いてきたからです。
靴にしても鞄にしても服一つにしても合成の皮にするか山羊皮にするかはその人次第です。
リボンはポリエステルにするかシルクにするかは作り手次第なのですから素材一つにしても妥協が許されない世界がブランドだと思います。
ルイヴィトンのバッグの皮を選ぶところを見た事がありますか?
同じ牛の皮一つにしても質が全然違うのを知っていますか?
安い靴にはこだわりを聞いても何もありません。
高級ブランドの靴にはこだわりを聞けばいっぱいあります。
安い靴や服にはどこかの工程で泣いている人がいるのを知っていますか。低価格賃金で働く人が背景にいる事を忘れないでください。
それに気付けるのは天然素材の深みや繊細さを触れてきた人達です。是非この道一筋何十年で作っている職人さんの作っている工程を見てみてください。そしたら例え何足も持っていても、大事に大事にします。安い靴にはつい乱暴に扱ってしまづたりしませんか?
きっと高い靴は10年安い靴は3年と言った人はそう言う意味ではないでしょうか?
日本でブランドビジネスが育たないのはその良さを知らないままブランドをたちあげて利益だけを追求して流行りだけを追いかけるからブームが去り一緒に消える運命にあるからだと思います。
また、その良さを知らない日本人が多いからです。
それに少し高い靴を買う余裕も与えてくれない働き詰めの日本だからだと思います。
また、職人さん1人1人こだわった着物や振袖よりもポリエステルで中国で大量生産された振袖を着る20歳がほとんどでした。
すごく残念に思いました。

¥8000くらいの靴買う人が数足揃えてメンテしつつのローテーションなんかしない気がする。少なくとも私の周りにはおりません。
履く靴の色変えたいからローテーションくらいの人ならいますけどね。

年齢によって大きく違うとは思うけれど
少なくとも私の身の回りで「丈夫で長持ちするから」という理由で高価な靴やヴィトンを買った人を見たことが無い・・・
/
5年前の記事だけれど、この時はこうだったのか?
それともそういった年代層が居る、というだけの話なんだろうか。
/
イギリスの車をレビューする番組では「日本車は丈夫で長持ちするから結局は安上がり」とか言っている
結局この手の減価償却的な発想は日本だからとか、ヨーロッパだからというものではなく
一定の社会階層に一定量存在する物なのではないかと思う
/

細かい揚げ足取りで申し訳ないのですが
ほぼ例外なくというのは語弊が有りすぎる様に思います
ああまた買っちゃった…靴道楽だなあ、という姿勢の人が大半で
言い訳がましい人の割合はいいとこ二割…
まずここから誤りなのですから日本人は精神的価値に重きを置かない人が多いという結論も大分揺らぐのでは?

私は女ですが、男性だけの考え方ではありませんか?
女性はそういうことを考えて物を買う事は少ない…と思うのですが。
男性はパソコンや家電を買う時もそういうことを考えて買うもん何ですかね?

靴は 値段あってないような物ですから。好きな値段の物を履けばいいと思います。
20万のスーツ着る人が10万の靴を履くのは自然な事です。

個人的な 話では 25000〜50000円の靴を買います。
正直な話、参考上代12000円以下の革靴はあまり履きたくないですね。
作りや革があまりにも ダメなためです。
甲の皺が 汚く 許せませんし あまり長く持ちません。
参考上代25000〜70000円くらいのレンジが一番コストバランスがいいと思います。
アノネイ、デュプイ、イルチアの中級カーフのハンドでも50000円で何とかなるといえばなんとか なるし。
ソール張替えも一万〜できますし。
持たそうとすればハーフソールすればいいし。
出物を探せば20000円くらいでいいものも買えますし…

コメントを投稿する

※投稿が完了するとメッセージが表示されます。投稿ボタンを押してから少々の間お待ちください。

カテゴリー別 最新記事

Current Topics
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
農政改革と地方再生を考える ~地域格差と農業再生~
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
「原発停止による電力不足」から考える ~太陽光発電活用とエネルギーミックスによる効率化の実現~
セカンドライフの今後を占う
スパ施設の今後を占う
「エコ」の見方
コムスン問題の論点 ~行政とマネジメントのミスリード~
商業施設出店の今後を占う
キャリア・就職
最適な就職先の選び方とは ~後悔しない企業・会社選択方法とキャリアプランニング~
非エリートキャリアのすすめ
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
将来の目標設定の必要性
「ベンチャー企業」か「大企業」か~就職先としての違い~
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「勉強」と「仕事」の大きな違いとは ~仕事の本質を探る~
就職活動からの自分ブランディング ~就職活動でやるべきこととは~
グローバル化がビジネスキャリアに与えるインパクト ~激動の時代を生き抜くために~
キャリアに対する考え方
データ分析
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
数値の本質を読む力とは ~インサイトによる実践的分析とシミュレーションの問題点~
デフレはいつまで続く? ~マクロ経済分析の限界とマーケット視点の重要性~
プロフェッショナル
学びと成長の本質とは ~学習能力と成果を高める方法~
知らずに陥る魔の思考停止とは ~仕事ができない・成果がでない理由~
プロフェッショナルな仕事とは ~そうでない仕事との違い~
答えに「する」力
なぜ、人の「成長スピード」に大きな差が生まれるのか
Morning Cafe Office
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
ホワイトカラーが陥る5つの落とし穴
塩一つで思考を広げることができるか
一流になるためのファッション
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
マネジメント・リーダーシップ
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
「軸」を定める ~課題遂行における本質とは~
リーダーに求められる力・必要とされる力
部下の叱り方
マネジメント力4 ~優れた上司とは~ 『成果を出すためにどうすべきか』
ファシリテーションの本質
リーダーの役割
マネジメント力3 ~優れた上司とは~ 『異性(男性・女性)の部下のマネジメント方法とは』
パワーミーティング
マネジメント力2 ~優れた上司とは~ 『優れた部下育成のあり方とは』
マネジメント力1 ~優れた上司とは~ 『管理職におけるビジネス社内情報管理術』
チェンジマネジメントの本質
女性社員の扱い方
マーケティング・ブランディング
マーケティング力を高める7 『ニーズを生みだす~商品・サービス開発の方法論~』
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
10万円の高級靴は結局得になるか?
間違いだらけのマーケティング
マーケティング力を高める6 『ブルーオーシャン戦略(BLUE OCEAN STRATEGY)』
マーケティング力を高める5 『新マーケティングミックス』
マーケティング力を高める4 『コミュニケーション・ミックス』
マーケティング力を高める3 『コンセプトを打ち立てる』
マーケティング力を高める2 『ターゲットを絞る』
売上至上主義の弊害~日本企業が陥る過ち~
マーケティング力を高める1 『マーケティングとは何か』
ICHIKAMIに見るブランディング戦略
マーケティングの飛躍とその理由 ~マーケティングが企業の命運を担う日~
仕事術・思考方法
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~
仕事は対応を後回しにするほど、業務量が増える ~仕事がはやい人の法則~
仮説と勘を分けるもの
仕事のスケールをあげる
モチベーションの上げ方
コミュニケーション力のインパクト
問題解決力を鍛える方法
問題意識の無いところに、問題解決は無い
仕事が「はやい人」と「おそい人」の違いとは
提案力・営業力
お客さまの心をつかむとは
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
日常スキル
日経新聞はこう読む
コイの処方箋
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
業種・業界・職種
機能しない情報システム部
コンサルタントを活用「できる」会社と「できない」会社 ~元コンサルタントが語るコンサルタント活用法~
企業の再生・育成の仕事 ~真のハンズオンとは何か~
時代遅れなメーカーの実態
コンサルティングの現場とは
経営戦略論
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
企業参謀
戦略立案の実務
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
コストワールドとスループットワールド

著者別 最新記事

創設者 河合 拓創設者 河合 拓
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
企業参謀
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
仕事のスケールをあげる
10万円の高級靴は結局得になるか?
戦略立案の実務
間違いだらけのマーケティング
コミュニケーション力のインパクト
答えに「する」力
部下の叱り方
問題解決力を鍛える方法
Morning Cafe Office
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
アンストラクチャーなテーマに軸をはる

 >>他記事はこちら(記事一覧)

スタッフ 木原 工スタッフ 木原 工
お客さまの心をつかむとは
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
日経新聞はこう読む
セカンドライフの今後を占う
将来の目標設定の必要性
スパ施設の今後を占う
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
商業施設出店の今後を占う
 スタッフ スタッフ
モチベーションの上げ方
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
問題意識の無いところに、問題解決は無い
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
リーダーの役割
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
時代遅れなメーカーの実態
キャリアに対する考え方
スタッフ 宮崎 善輝スタッフ 宮崎 善輝
コイの処方箋
「エコ」の見方
理事長 清水 知輝理事長 清水 知輝
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~

 >>他記事はこちら(記事一覧)

理事 高橋建人理事 高橋建人
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
仮説と勘を分けるもの
  • RSS