FRI トップ > FRIコラム > マネジメント・リーダーシップ > リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~

リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~

2009年9月16日 by 理事長 清水 知輝   

理事長 清水 知輝

私はたまたま海外の方と接する機会もそれなりにあるが、日本と他の先進諸国で大きな隔たりがあると感じるところが一つある。それは、「リーダー教育」についてである。日本では、教育においてリーダーシップを学ぶ機会がほとんどない。いや、ないと言うよりも避けている、禁止している、と言った方がより的をえているかもしれない。
最近、若者にリーダーシップがない、と言われるが、そもそもリーダー教育を行わず、自助努力で何とかしろ、というのには限界があるだろう。



勿論、教育があるから優れているかどうかは別である。しかし、無ければリーダーシップの重要性すら気付けない。それもあって、私はFRIを通じて「次世代リーダー育成」に携わっている訳だが、企業経営やNPO運営をしていくにあたり、リーダー教育のなさは、今後の、いや現在も含めて、日本を迷走させる大きな要因になるだろうと考えている。

そんな背景もあって、日本においては「リーダーシップ」イメージの根本的な勘違いが多いようにも感じている。例えば、リーダーに立つ者はもっとは賞賛されるべきだし、それ以上にリーダー自身は組織や社会に対して重い責務を負っていると考えるべきだが、なかなかそうはなっていない。ノブレス・オブリージュ(noblesse oblige)という言葉も最近聞くようになったが、日本でそれに類する教育を受けた記憶がない。

そこで今回は、その中でも特にずれていると感じるものを3つほど述べ、リーダーの本質について考えていきたい。

【フラットな組織やビジネス以外ではリーダーは必要ない】

そもそも組織をフラット化したらリーダーはいらなくなる、とか、競争を求められないビジネス以外の組織(例えば、NGOやボランティア組織)ではリーダーは不要だ、とか、何も考えずに聞くと、ついついうなずいてしまうような話をよく聞く。

しかし、果たして本当にそうだろうか。
私は、そもそも、そういった組織形態に応じてリーダーの要・不要が決まるのではないと考えている。
実際、フラット化しても、自然発生的にコアとなるリーダー格は生まれるし、NGOやNPO、ボランティア組織こそ、強いリーダーシップが必要となる。
なぜなら、前者だと権限が曖昧であるため、指示命令が上手く機能しにくい。だからこそ、フォーマルではなくともリーダーはより必要不可欠だし、後者も同じで、行動原理が「理念」に依るものだからこそ、リーダーは常にその理念を意識しつつ、メンバーの意識を集約させられるように尽力しなければならない。私が代表を務めるこのFRIにおいても当然同じであり、仕事よりもリーダーシップが求められるシーンが多いと常々感じている。

では、何がリーダーが必要か否かを分けるのだろうか。

それは「解決すべき課題」の存在だと考えている。

本来、組織・集団とは、何らかの課題を解決しなければならないはずだが、時間が経つにつれ、それが形骸化したり、元から存在意義(レゾンデートル/raison detre)が非常に希薄な組織、例えば、天下りのために作られた外郭団体などがあり、そういった組織では、ある意味、誰がリーダー職に就いても、ほとんど変化がない。

しかし、何らかの解決すべき課題があるほとんどの組織では、様々な解決手段の中から、その組織の置かれた環境や持てるリソース等を鑑み、どの手段を用いていくのかを、必ず決めていかなければならない。
その選択の巧拙で、組織のバリューに大きな差が生まれるからだ。
また、実際にその組織メンバーがその方向に動くように、全体を導いていかねばならない。

つまり、そういった「解決すべき課題」を持つ組織には、必ずリーダーは必要であり、その課題の難易度が高いほど、強く優秀なリーダーシップを発揮する必要があるのである。

【リーダーシップは男性の方が発揮しやすい】

組織を引っ張る様なリーダーには男性が向いている、のように言われる事が良くある。
実際、会社の管理職などで、未だにそう言っている人も多い。

確かにタイプによっては、性差はあるため、向き不向きはあるのは確かだ。
しかし、リーダー全般に対してというのは異なるだろう。

あなたは、緒方貞子氏をご存じだろうか。
そう、国連難民高等弁務官を三期もの長期にわたり務め、国際的にも非常に高い評価を得ている女性である。
確かに、元総理大臣の犬養毅を曾祖父に持つなど、環境的に恵まれていたかもしれないが、それを活かすも殺すも本人次第であり、それを活用して、あれだけの実績をあげたことは素晴らしい。
しかも、特筆すべき事は、個人の○○大使のような形ではなく、国連難民高等弁務官事務所という国際組織を率いて結果を出した事だろう。
例えば、国連機関が単なる調整機関に終わらぬよう、緒方氏は、現地事務所の裁量を増やし、職員を必ず一度は現地事務所にて働く事を義務づけた。それにより、現地での高い実行力を生み出し、UNHCRの名前をより広く知らしめる事を実現したのだ。

数少ないケースなのかもしれないが、これを見て、男性だから女性だから、と言う話が本当なのか、是非疑って貰いたい。

最初にも書いたように、性差は確かに存在する。
それは、考え方の違いにも現れやすいため、一切無視することはできない。
※ 詳しくはこちら:マネジメント力3 ~優れた上司とは~ 『異性(男性・女性)のマネジメントのために』

ただ、それは単にリーダーシップのスタイルが異なるだけで、リーダー向いている向いていない、という話では決してない。
確かに昔は、「ついてこい!」型のリーダーや、人情親父型リーダーなど、非常に少ないタイプのリーダーしかなかったのも事実だ。しかし、それも、今までが男性社会だったからなのと、リーダーシップについての議論が真剣にはなされてこなかったからだろう。

今は、リーダーシップのスタイルについての議論は、かなり深まっているし、欧米を中心に女性がとりやすいリーダーシップスタイルも提唱されている。ロールモデルとなる人も増えた。
もちろん、これは性別だけでなく、男性のリーダーシップスタイルも増えた事になる訳で、今までは向いていないと勝手に思い込んでいた人も、実は非常に向いているかもしれない、何てことが起きるかもしれない。

是非、多くの人がしっかりと学び、チャレンジして欲しいと思う。
リーダーシップも、基本的には実践する事が一番の糧になる事に変わりないからだ。

【リーダーは生まれついてのものである】

よく「昔からリーダータイプだったよね」などと話が出る事がある。
確かに、私もそれなりに小さい時からリーダーっぽい役割に就く事が多かった。

しかし、よくよく考えてみて欲しいが、誰しも小さい時から考えていけば、班長とか学級委員とか、何らかの役割をした経験があると思う。
全くない人は、自ら避けていた人だけではないだろうか。
つまり、昔からリーダーをしている人が、必ずしも今リーダーである事はない、という事であり、リーダーというのは遺伝的なものではない、という事だ。

私は、リーダーというのは、役割であり、一部はスキルであると考えている。
学びによって、優秀なリーダーになることは誰でも出来るのだ。

唯一条件があるとすれば、その人が「解決すべき課題」を持っているかどうか、であろう。
それがなければ、結果的にリーダーになる事(手段)だけが目的になってしまい、リーダーになってから、方向性を見失って、組織に悪影響を及ぼしかねない。

よく「起業したいです」という人に、「何のためですか?」と聞いて、「理由が必要ですか?」と驚いた表情で聞き返される事があるが、これこそまさに手段が目的化しているいい例だろう。
もちろん、それが悪いとは言わないが、起業する過程において、あるいは、起業後にでも、何のために事業をするのか、という目的は持って貰いたい。

それを除いて考えた時に、本当にリーダーは生まれついてのものだろうか。
私は、結局は、それをやれるかどうか、つまり、覚悟の問題であると考える。
様々なリーダー像が語られているが、多くの優秀とされるリーダー達は、基本的に他者に対して聞く耳を持ち、現状を変えられるものと捉え、継続的な努力を欠かさない。
もちろん、リーダー毎の個性はあるが、これらの共通的特徴を見て、あなたはこれが「生まれついて」のものだと思うだろうか。

勿論、リーダーというのは、個人として優秀である事も求められる。
様々な意志決定を行い、それが組織に対して大きなインパクトがある以上、その精度を高める必要はある。
但し、それも上手くメンバーの力を活用し、常に努力し続け、メンバーの意識を集約していけば良い。
松下幸之助氏が「失敗はありますよ。しかし成功するまで続けたら、失敗はない。成功とは成功するまで続けることだ」と述べていたが、まさに、リーダーも同じである。
リーダーとして覚悟を決めて、成果を出すためにトコトン努力する。そうすれば、気付けば貴方はリーダーとなっているはずだし、周りもそう見ている事だろう。

それを踏まえれば、リーダーとは格あるべし、というものも、実は存在しないという事に繋がるのがわかるだろうか。
もし、そんなものがあるとするならば、それは「柔軟性」かもしれない。
その時その時で、最も最適なリーダースタイルを取れれば、結局のところ、それがベストなのだ。
社会が多様化した以上、リーダースタイルも多様化して当たり前なのである。


最後にまとめよう。
リーダーは、「解決すべき課題」が存在する組織には、必要不可欠な存在である。
お金が絡むかどうか、組織がフラットかどうかは関係ない。企業においてリーダーシップがよく語られるのは、社会の課題を解決しなければ、本来はその対価を得られないからである。
そして、リーダーシップを発揮するのに、性別は関係ない。また、加えて言えば、持てる性格も関係ない。但し、発揮しやすいリーダーシップのタイプ、発揮しにくいリーダーシップのタイプは存在する。
つまり、リーダーシップには複数のタイプが存在すると言う事であり、本来は、それらを複数組み合わせて、リーダーシップを発揮するのがベストである。
そういう面では、リーダーシップはスキルであり、リーダーは役割である。継続的な学びと努力、他者に対しての聞く耳、現状を変えられるという可能性を信じる力があれば良い。
但し、唯一資格があるとするならば、「解決すべき課題」を自分自身の中に持っているかどうかであると言えよう。それを持っているかどうかが、最後の一歩を踏み出せる力となるのだ。そして、道を外れないための道標として持てるのである。
そう、リーダーとは、そういった目的や信念を持つ者のことを指すのだから。


◆筆者紹介
FRI&Associatesの草創期メンバーで、現在NPO法人FRI&Associates 理事長。
外資系コンサルティングファームにて、事業戦略、業務改革、IT導入などを手がけたが、自身の仕事の関わり方に疑問を感じ、ベンチャー企業に転職。経験を活かし、経営・事業・商品・営業等の企画業務、ライン管理職、各種改革関連業務を担い、徹底した現場主義により業績拡大を支えつつ、多数の業界大手企業のマーケティングコンサルティングにも責任者として従事。業界特性を考慮した実践的なアプローチにより実績多数。その後、IT・ライフサイエンス領域の投資育成企業にて子会社の事業企画や経営改革、大手メーカーの機構改革などにあたった後、地元関西に戻り、計測機器メーカーにて、経営企画担当の上席執行役員として、各種改革業務および主要事業のマーケティング、事業開発などを推進する。
 
FRI公式ツイッター(筆者が主担当です)
筆者個人ブログ「清水知輝の視点 ~ビジネス・キャリア徒然草~」

 

この記事の評価(平均点): 4.4/5 (これまで 22 人が評価しました)

  • Currently 4.4/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

FRIではご覧になった皆様の評価を常に大切にしています。良い評価も悪い評価も執筆者の大きな励みとなりますので、お気軽に☆マークをクリックしてこの記事を5段階で評価してください。

コメントを投稿する

※投稿が完了するとメッセージが表示されます。投稿ボタンを押してから少々の間お待ちください。

カテゴリー別 最新記事

Current Topics
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
農政改革と地方再生を考える ~地域格差と農業再生~
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
「原発停止による電力不足」から考える ~太陽光発電活用とエネルギーミックスによる効率化の実現~
セカンドライフの今後を占う
スパ施設の今後を占う
「エコ」の見方
コムスン問題の論点 ~行政とマネジメントのミスリード~
商業施設出店の今後を占う
アカウンティング・ファイナンス
数値の本質を読む力とは ~インサイトによる実践的分析とシミュレーションの問題点~
デフレはいつまで続く? ~マクロ経済分析の限界とマーケット視点の重要性~
キャリア・就職
最適な就職先の選び方とは ~後悔しない企業・会社選択方法とキャリアプランニング~
非エリートキャリアのすすめ
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
将来の目標設定の必要性
「ベンチャー企業」か「大企業」か~就職先としての違い~
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「勉強」と「仕事」の大きな違いとは ~仕事の本質を探る~
就職活動からの自分ブランディング ~就職活動でやるべきこととは~
グローバル化がビジネスキャリアに与えるインパクト ~激動の時代を生き抜くために~
キャリアに対する考え方
プロフェッショナル
学びと成長の本質とは ~学習能力と成果を高める方法~
知らずに陥る魔の思考停止とは ~仕事ができない・成果がでない理由~
プロフェッショナルな仕事とは ~そうでない仕事との違い~
答えに「する」力
なぜ、人の「成長スピード」に大きな差が生まれるのか
Morning Cafe Office
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
ホワイトカラーが陥る5つの落とし穴
塩一つで思考を広げることができるか
一流になるためのファッション
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
マネジメント・リーダーシップ
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
「軸」を定める ~課題遂行における本質とは~
リーダーに求められる力・必要とされる力
部下の叱り方
マネジメント力4 ~優れた上司とは~ 『成果を出すためにどうすべきか』
ファシリテーションの本質
リーダーの役割
マネジメント力3 ~優れた上司とは~ 『異性(男性・女性)の部下のマネジメント方法とは』
パワーミーティング
マネジメント力2 ~優れた上司とは~ 『優れた部下育成のあり方とは』
マネジメント力1 ~優れた上司とは~ 『管理職におけるビジネス社内情報管理術』
チェンジマネジメントの本質
女性社員の扱い方
マーケティング・ブランディング
マーケティング力を高める7 『ニーズを生みだす~商品・サービス開発の方法論~』
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
10万円の高級靴は結局得になるか?
間違いだらけのマーケティング
マーケティング力を高める6 『ブルーオーシャン戦略(BLUE OCEAN STRATEGY)』
マーケティング力を高める5 『新マーケティングミックス』
マーケティング力を高める4 『コミュニケーション・ミックス』
マーケティング力を高める3 『コンセプトを打ち立てる』
マーケティング力を高める2 『ターゲットを絞る』
売上至上主義の弊害~日本企業が陥る過ち~
マーケティング力を高める1 『マーケティングとは何か』
ICHIKAMIに見るブランディング戦略
マーケティングの飛躍とその理由 ~マーケティングが企業の命運を担う日~
仕事術・思考方法
意思決定の科学
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~
仕事は対応を後回しにするほど、業務量が増える ~仕事がはやい人の法則~
仮説と勘を分けるもの
仕事のスケールをあげる
モチベーションの上げ方
コミュニケーション力のインパクト
問題解決力を鍛える方法
問題意識の無いところに、問題解決は無い
仕事が「はやい人」と「おそい人」の違いとは
アンストラクチャーなテーマに軸をはる
戦略的時間管理 Time Management
提案力・営業力
お客さまの心をつかむとは
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
日常スキル
日経新聞はこう読む
コイの処方箋
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
業種・業界・職種
機能しない情報システム部
コンサルタントを活用「できる」会社と「できない」会社 ~元コンサルタントが語るコンサルタント活用法~
企業の再生・育成の仕事 ~真のハンズオンとは何か~
時代遅れなメーカーの実態
コンサルティングの現場とは
経営戦略論
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
企業参謀
戦略立案の実務
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
コストワールドとスループットワールド

著者別 最新記事

創設者 河合 拓創設者 河合 拓
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
企業参謀
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
仕事のスケールをあげる
10万円の高級靴は結局得になるか?
戦略立案の実務
間違いだらけのマーケティング
コミュニケーション力のインパクト
答えに「する」力
部下の叱り方
問題解決力を鍛える方法
Morning Cafe Office
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
アンストラクチャーなテーマに軸をはる

 >>他記事はこちら(記事一覧)

スタッフ 木原 工スタッフ 木原 工
お客さまの心をつかむとは
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
日経新聞はこう読む
セカンドライフの今後を占う
将来の目標設定の必要性
スパ施設の今後を占う
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
商業施設出店の今後を占う
 スタッフ スタッフ
モチベーションの上げ方
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
問題意識の無いところに、問題解決は無い
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
リーダーの役割
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
時代遅れなメーカーの実態
キャリアに対する考え方
スタッフ 宮崎 善輝スタッフ 宮崎 善輝
コイの処方箋
「エコ」の見方
理事長 清水 知輝理事長 清水 知輝
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~
学びと成長の本質とは ~学習能力と成果を高める方法~
仕事は対応を後回しにするほど、業務量が増える ~仕事がはやい人の法則~
最適な就職先の選び方とは ~後悔しない企業・会社選択方法とキャリアプランニング~

 >>他記事はこちら(記事一覧)

理事 高橋建人理事 高橋建人
意思決定の科学
仮説と勘を分けるもの
  • RSS