FRI トップ > FRIコラム > 業種・業界・職種 > コンサルタントを活用「できる」会社と「できない」会社 ~元コンサルタントが語るコンサルタント活用法~

コンサルタントを活用「できる」会社と「できない」会社 ~元コンサルタントが語るコンサルタント活用法~

2007年7月12日 by 理事長 清水 知輝   

理事長 清水 知輝

「うちの会社はコンサルタントを上手く使えなくて…」という話をよく聞く。
実際、そういう会社とお付き合いすると、「ああ、確かになぁ」と感じるところがあるのは事実である。勿論、それでも成果を出すべく動くのが、真のコンサルタントだろうが、コンサルタントから見て、「やりやすい」「やりにくい」というのはあるだろう。しかも、企業規模に関わらず、いや、逆に大企業の方が、下手な会社である事が多いように感じる。


そこで、コンサルタントを上手く使える会社とそうでない会社の違いについて、今回は論じてみたい。
また、コンサルタントやそれを目指す人は、顧客特性に合わせて打ち手を変える必要があるため、こういった事は理解しておく必要があるので、参考にして貰えればと思う。

【コンサルタントの必要性】

事業運営上、コンサルタントに頼まなくても、内部的に解決できるのが一番だと、コンサルティング会社にいた私は、特にそう強く思っている。

しかし、時間を買う、という意味合いや、成長過程においては、必要なタイミングが来るのも事実である。
そういった時に、上手くコンサルタントを使えなければ、非常に高価なコンサルティングフィーが無に帰すばかりか、コンサルティング会社を使っても無駄だ、とか、付き合った時間を返せ、などと、負の空気が社内に蔓延して、余計に上手くいかなく、いや、悪くなる事も往々にしてある。
それは、出来る限り避けねばならない。
しかし、世界的に著名なコンサルティング会社ですら、その提案がまともに活用されていない事例は数多くあり、お付き合いしてきた会社でも、実際に幾つかのケースを見てきた。

また、コンサルタントを上手く使えない、という事は、すなわち、社内の似たような改革型人材を活用出来ていない証拠でもある。
これは、現状の規模の多寡ではなく、変化に対応できる会社が成果を挙げられる現在において、かなり大きな問題である。
早急に社内のあり方を見直すべきであろう。そうしなければ、5年は安泰でも、10年先、20年先は、相当危険な状況に置かれる事になるだろう。

では、どういった企業は、コンサルタントを上手く使えないのだろうか。

大きく分けると、1つは、「ゴール像まで依頼する」企業、もう1つは、「全てを丸投げして評価しかしない」企業である。

【ゴール像まで依頼する企業】

「ゴール像まで依頼する」のが駄目だと聞いて、コンサルティングの仕事をイメージしていた人は、ちょっと「おや?」と思ったかもしれない。
確かに、特に、戦略系と呼ばれるコンサルティング会社は、本来の役割は置いておいて、教科書通りに「ゴール像」としての戦略立案をするのが仕事になっていたところもあった。

しかし、それがどういう結末を生み出したのか。
噂に聞くように、「埃にまみれた分厚い提案書」である。これは至るところにあるホントの話である。
いや、まだそれの方が良いかもしれない。
(著名戦略コンサルティング会社の)提案通りにやって、事業自体が傾きかけた企業も山のようにあるのだ。

本来、事業の専門家である企業人が、コンサルタントにゴール像の決定まで依頼するのは、本末転倒である。
なぜなら、あくまでそのゴール像に向かうのは、その企業で働く人々であり、コンサルタントではない。
つまり、最も事業に対して責任を取るべき事業内部の人達がゴール像を描かなければ、その事業方針に社員が、いや事業責任者自身がコミットできるはずがないのである。
それは、ゴール像が正しいか正しくないか、という議論ではなく、それを強く遂行しようとする人達が、納得できるかどうか、である。遂行者が社内にいなくては、実施自体の覚束なくなってしまうのである。

この手の企業のよくある言い訳は、「事業もロクにわからないコンサルタントが作った計画では、きちんと実行できない」(怖くてやれない)から、私はやりませんでした、というものである。
また、もし実行したとして、失敗しても責任はゴール像の計画自体にあるから、遂行者が「面倒なものを背負い込んだ」程度にしか思わず、逃げを打ちながら実行するため、例え、上手くいくかもしれないものもであっても、上手くいかなくなってしまう。

コンサルタントの仕事とは、幾つかの可能性の高い選択肢を用意し、できればその中から更に推薦する、のが仕事であって、完全な解、すなわち「ゴール像」自体を提供するものではない。
実行主体が責任を持つためにも、最終決断は依頼者にして貰わなければならないのである。
そこを考えず、ある意味、意思決定の重みから逃げ、コンサルタントに「ゴール像」まで依頼する企業は、提案の良し悪しに関わらず、成果を残す事は出来ないだろう。

また、コンサルタントも、顧客企業からゴール像を求められたとしても、最後の意思決定においては、必ず顧客企業に担わせなければならない。
それを見誤り、自分で答えを描いて、描ける事に満足しているコンサルタントも多いのが実情である。
そこは、企業だけでなく、コンサルタントも自省が必要だろう。

【全てを丸投げして評価しかしない企業】

もう1つのケースは、依頼を丸ごとアウトソースし、依頼者が高みの見物を決め込むパターンだ。
これもかなり性質が悪い。

こういう時は、企画系部門の言い訳や体の良い分析作業者として使われている可能性が高い。
こうなると、契約自体は長く繋がる事が多いのである(コンサルティング会社としてはありがたい)が、決して、契約主体が自主性を持つ事はないし、提案した内容が直接実施へと繋がることは薄い。

なぜなら、事業の細部まで理解した現場の人達が関与する中で決められた「手触り感」のあるゴール像でなければ、現場の納得感は限りなく低くなるし、納得感が低いものはお蔵入りする可能性が高くなるからである。
発注者も、ある意味それをわかりつつ、自らが直接やるのが嫌なので、依頼している部分も見受けられる。

そして、最後には、「提案は良かったんだけど、うちには合わないね」などと、自らにその責任の大半があるにも関わらず、そう言ってのけるのである。
しかも、性質が悪いのは、その提案自体は、自らは作れない事が多いのに、自分が当然知っている会社独自の都合を盾に、色々と文句だけを言って終わるのだ。
これは、非常に大企業の本社企画部門系にあるパターンである。

こうなってくると、コンサルタントも何のためにやっているのかわからなくなるし、顧客に主体性が一切ないため、ほぼ確実にプロジェクトは着地しない(成果に繋がらない)。

プロジェクト先で、顧客がそのような態度を見せた時は、まず、良いソリューションを提供するよりも、如何にして顧客を巻き込むか(別にプラスばかりでなく、追い込んでも良い)に注力すべきだろう。
そこが上手くいかない限り、どのような提案も成果が出るところまでは行かないのである。

【これから求められるコンサルタント像】

大切なのは、ここに、「実行・推進までお願いする」企業が入っていない事だ。

今、コンサルティング会社に求められているものが大きく変わってきている。
今までは、広く業界を見渡して、ベストプラクティスを教えてくれたり、各種分析を通して、答えらしき(可能性がある)ものを提示してくれることを、顧客企業は求めていた。

しかし、これからのコンサルティング会社に求められるものは、その答えらしきものを、顧客企業と共に推進し、「答えにする」事である。
つまり、実質的な成果を求められているのだ。

そうなってくると、上記のような企業状況に切り込み、まずプロジェクト体制を確実なものにするマネジメント力であったり、理解し立案した施策を着実に進める事業推進力、それらに連なる人間力が求められるようになる。
今まで一番の売りであった、論理性やナレッジなどは、あって当然、程度のものになるのだ。

これ自体は、市場環境の変化において、至極当然であり、いいことであると思う。
但し、コンサルタントだけでなく、あらゆる業態において、そういった力が求められるようになるのであり、特に、新卒でコンサルティング会社や投資系(完全に理論系に進む人は除く)に進みたい人は、注意して欲しい。
今までのように、知識さえ身に付け、ハードワークをこなせば何とかなる時代は、もうそろそろ終わろうとしているのである。


最後にまとめてみよう。
コンサルタントを上手く使える会社は、依頼者として主体性を持ち、コンサルタントの役割をきちんと定め、実行主体は自らにある、と考え動ける企業である。
しかし、同時に、それを実現できるだけの人材を企業自身も多くは抱えていないため、一部、実行主体者を代替できる力が、これからは、コンサルタントに求められてくる。
もし、企業側責任者として依頼する際も、コンサルタントがそれだけの覚悟があるかどうか、そして、力があるかどうかを、しっかりと見定める必要があると共に、自らも推進主体となるだけの覚悟をする必要があるだろう。
そうなった時に初めて、とても大きな成果に繋げる事が出来るのである。


◆筆者紹介
FRI&Associatesの草創期メンバーで、現在NPO法人FRI&Associates代表理事。
外資系コンサルティングファームにて、事業戦略、業務改革、IT導入などを手がけ、その後ベンチャー企業に転進。経験を活かし、あらゆる改革・企画・管理業務を担い、業績拡大を支えつつ、多数の業界大手企業のマーケティングコンサルティングに従事する。実践的なアプローチにより実績多数。
現在はIT系投資育成企業にて、子会社の事業企画や経営改革にあたる。
 
FRI公式ツイッター(筆者が主担当です)
筆者個人ブログ「清水知輝の視点 ~ビジネス・キャリア徒然草~」

 

この記事の評価(平均点): 4.8/5 (これまで 5 人が評価しました)

  • Currently 4.8/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

FRIではご覧になった皆様の評価を常に大切にしています。良い評価も悪い評価も執筆者の大きな励みとなりますので、お気軽に☆マークをクリックしてこの記事を5段階で評価してください。

コメントを投稿する

※投稿が完了するとメッセージが表示されます。投稿ボタンを押してから少々の間お待ちください。

カテゴリー別 最新記事

Current Topics
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
農政改革と地方再生を考える ~地域格差と農業再生~
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
「原発停止による電力不足」から考える ~太陽光発電活用とエネルギーミックスによる効率化の実現~
セカンドライフの今後を占う
スパ施設の今後を占う
「エコ」の見方
コムスン問題の論点 ~行政とマネジメントのミスリード~
商業施設出店の今後を占う
キャリア・就職
最適な就職先の選び方とは ~後悔しない企業・会社選択方法とキャリアプランニング~
非エリートキャリアのすすめ
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
将来の目標設定の必要性
「ベンチャー企業」か「大企業」か~就職先としての違い~
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「勉強」と「仕事」の大きな違いとは ~仕事の本質を探る~
就職活動からの自分ブランディング ~就職活動でやるべきこととは~
グローバル化がビジネスキャリアに与えるインパクト ~激動の時代を生き抜くために~
キャリアに対する考え方
データ分析
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
数値の本質を読む力とは ~インサイトによる実践的分析とシミュレーションの問題点~
デフレはいつまで続く? ~マクロ経済分析の限界とマーケット視点の重要性~
プロフェッショナル
学びと成長の本質とは ~学習能力と成果を高める方法~
知らずに陥る魔の思考停止とは ~仕事ができない・成果がでない理由~
プロフェッショナルな仕事とは ~そうでない仕事との違い~
答えに「する」力
なぜ、人の「成長スピード」に大きな差が生まれるのか
Morning Cafe Office
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
ホワイトカラーが陥る5つの落とし穴
塩一つで思考を広げることができるか
一流になるためのファッション
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
マネジメント・リーダーシップ
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
「軸」を定める ~課題遂行における本質とは~
リーダーに求められる力・必要とされる力
部下の叱り方
マネジメント力4 ~優れた上司とは~ 『成果を出すためにどうすべきか』
ファシリテーションの本質
リーダーの役割
マネジメント力3 ~優れた上司とは~ 『異性(男性・女性)の部下のマネジメント方法とは』
パワーミーティング
マネジメント力2 ~優れた上司とは~ 『優れた部下育成のあり方とは』
マネジメント力1 ~優れた上司とは~ 『管理職におけるビジネス社内情報管理術』
チェンジマネジメントの本質
女性社員の扱い方
マーケティング・ブランディング
マーケティング力を高める7 『ニーズを生みだす~商品・サービス開発の方法論~』
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
10万円の高級靴は結局得になるか?
間違いだらけのマーケティング
マーケティング力を高める6 『ブルーオーシャン戦略(BLUE OCEAN STRATEGY)』
マーケティング力を高める5 『新マーケティングミックス』
マーケティング力を高める4 『コミュニケーション・ミックス』
マーケティング力を高める3 『コンセプトを打ち立てる』
マーケティング力を高める2 『ターゲットを絞る』
売上至上主義の弊害~日本企業が陥る過ち~
マーケティング力を高める1 『マーケティングとは何か』
ICHIKAMIに見るブランディング戦略
マーケティングの飛躍とその理由 ~マーケティングが企業の命運を担う日~
仕事術・思考方法
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~
仕事は対応を後回しにするほど、業務量が増える ~仕事がはやい人の法則~
仮説と勘を分けるもの
仕事のスケールをあげる
モチベーションの上げ方
コミュニケーション力のインパクト
問題解決力を鍛える方法
問題意識の無いところに、問題解決は無い
仕事が「はやい人」と「おそい人」の違いとは
提案力・営業力
お客さまの心をつかむとは
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
日常スキル
日経新聞はこう読む
コイの処方箋
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
業種・業界・職種
機能しない情報システム部
コンサルタントを活用「できる」会社と「できない」会社 ~元コンサルタントが語るコンサルタント活用法~
企業の再生・育成の仕事 ~真のハンズオンとは何か~
時代遅れなメーカーの実態
コンサルティングの現場とは
経営戦略論
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
企業参謀
戦略立案の実務
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
コストワールドとスループットワールド

著者別 最新記事

創設者 河合 拓創設者 河合 拓
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
企業参謀
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
仕事のスケールをあげる
10万円の高級靴は結局得になるか?
戦略立案の実務
間違いだらけのマーケティング
コミュニケーション力のインパクト
答えに「する」力
部下の叱り方
問題解決力を鍛える方法
Morning Cafe Office
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
アンストラクチャーなテーマに軸をはる

 >>他記事はこちら(記事一覧)

スタッフ 木原 工スタッフ 木原 工
お客さまの心をつかむとは
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
日経新聞はこう読む
セカンドライフの今後を占う
将来の目標設定の必要性
スパ施設の今後を占う
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
商業施設出店の今後を占う
 スタッフ スタッフ
モチベーションの上げ方
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
問題意識の無いところに、問題解決は無い
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
リーダーの役割
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
時代遅れなメーカーの実態
キャリアに対する考え方
スタッフ 宮崎 善輝スタッフ 宮崎 善輝
コイの処方箋
「エコ」の見方
理事長 清水 知輝理事長 清水 知輝
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~

 >>他記事はこちら(記事一覧)

理事 高橋建人理事 高橋建人
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
仮説と勘を分けるもの
  • RSS