FRI トップ > FRIコラム > Current Topics > 日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~

日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~

2010年10月27日 by 理事長 清水 知輝   

理事長 清水 知輝

「ゆとり教育の失敗」とそれによる「学力の貧困化」が、最近言われるようになったが、「ゆとり教育の失敗」そのものには賛成するものの、原因分析について大半のものが読んでいて違和感を感じてしまう。そこで、FRIを通して出会ってきた学生の変化を踏まえながら、この問題をひも解いてみたい。

 
【ゆとり教育の導入】


なぜ、ゆとり教育が導入されたか、という歴史背景は、今更ではあるが、問題把握に必要なので、ざっと確認してみよう。
ゆとり教育以前の日本は(実際は今もあまり変わりはないが)、「答えのある」問題を如何に素早く解くか、に特化してきた結果、大量生産時代において驚異的な回復を見せたのであるが、それは他者にも真似され易い、という欠点を持っており、主に新興国と呼ばれる国々に、そこを突かれた格好になっている。しかも、特に先進国においては、「答えのない」課題に一定の解を導きだす力が重要視されており、教育が社会環境の変化についていけていない、という背景もある。


その中で導入された「ゆとり教育」であったが、根本的な部分で判断に誤りがあった。
それは、判断時点における現状分析の誤りである。
「ゆとり教育」の基本は、詰め込み教育&過度の学歴競争を問題の元凶とし、勉強量を減らし、詰め込み時間に余裕を持たせ、空いた時間を主に情操教育など、今まで行ってこなかった、あるいは手薄だった教育に振り向けるものだ。ついでに、過度な競争を避ける、という意味で、勉強が苦手な子の活躍の場である運動会等から、順位を奪い取ってしまったり、成績順の発表をやめてしまった(今回は触れないが、これは、子供の多様性を奪う最悪な判断の一つだ。どこか一つは長所があり短所がある、という人として欠かせない気づきを奪った重大かつ最大の判断ミスと言えよう)。
とにかく、適度な競争が社会的発展を生み出してきたことを無視して、過度な競争は悪、と決めつけてしまったのである。


【現状分析の誤り】


しかし、本当にその分析は正しかったのだろうか。
一部分は合っていると言えるが、問題の根源を見出し損ねた、と言うのが、私の見解である。


この問題の最大の課題は、詰め込み教育や過度の学歴競争ではなく、一言でいえば、「インプットとアウトプットのバランスが悪い」ということに尽きる。
なぜ、なかなか根本的な思考力が身に付かないかと言えば、アウトプットする機会がない、あるいは少ないから、インプットを活かす思考力が身に付かない。簡単に考えればわかることだ。しかし、ゆとり教育が失敗したのは、インプット偏重で量が多いから、と言って、インプットする側を減らしてしまったことに尽きるだろう。
インプットの質に問題はあったにせよ、私は量が極端に多いとは思わないし、ビジネスパーソンも含めて勉強不足だとすら思う。国際的な調査でも、日本の自主学習時間は世界最低レベルという結果に終わっている。まあ、詰め込みだけの勉強に興味を失った結果とも言えよう。
結局、アウトプットを伴わない記憶力勝負のインプットばかりしていることに、問題の根源があるのだ。
問題解決の基礎、現状分析でこけてしまった代表例とも言える。


やるべきだったのは、インプットの量を考えるのではなく、アウトプットの場づくりを考え、それに応じて、インプットの質を変えることだったはずだ。アウトプットの方法論を学ぶと共に、アウトプットの機会を増やし、自身の気づきを表明して他者の反応にさらされる、という経験を積んでいくことこそ、答えのない課題に対処する力を身につける方法だからだ。
更に言えば、そういった学習方法でなければ、自ら興味関心を持って勉強しようとは思わないだろう。
勿論、ゆとり教育の意思決定をした人たちが、元々、インプット偏重の教育を受け、選抜されてきた人たちであるから、それを責めるのは、少しかわいそうな気がするが、しかし、判断を誤ったのは事実だし、それを受け入れたり後押しした、学校関係者やマスコミ、国民は、素直に反省すべきだろう。


私は、円周率:π=3、と聞いた時には愕然としたものだ。覚えにくいからと言って、単なる「3」にしてしまったのは、子供から考えるきっかけを奪ったに等しい。πとは3.1415…のように、ずっと割り切れないもの代表格だ。小さいながらに、なぜそんな事になるのだろう、と疑問を覚えて、πをどのように算出するのかの考え方を調べたりしたものだ。確かに、3にすれば3.14まで覚えたり、計算が楽になることだろう。しかし、最も大切な「なぜ」と感じるきっかけを失ったことに対するリターンが、単に計算が楽になるでは、割に合わないのではないだろうか。


【目的のある詰め込みは意味がある】


私も詰め込みの代表格である受験勉強はした。
第二次ベビーブーマー(団塊ジュニア)のはしくれとして、いわゆる受験戦争を経験したのであるが、その無意味さを理解しつつも、家庭の事情等から自分なりに懸命に努力し、何とか最もお金のかからない地元の国公立の大学に現役で合格できた。
その時の知識自体は、その多くが直接役立ってはいないものの、どうやれば効率よく勉強できるか、集中するための方法、問題集を攻略するスケジュール作りなど、色々なことを考えたし、一定期間の長期戦にも対応できるようになった。受験勉強がなければ、勉強に対する耐性は、かなり弱いままだったと思う。数学などは、今でも抵抗感が薄いのはありがたいと感じるし、科学に対する興味・関心もその時のベースがあるからこその部分はあるだろう。


詰め込み教育が良くないのは賛成だが、知識量はアウトプットと紐付くことを前提にすると、多いに越したことはないとも思う。やはり、自らの仕事ややっていることに応じて、きちんと読書などの勉強をするビジネスパーソンとそうでないビジネスパーソン(している事と関係ない読書ばかりをする人も含む)とでは、成果の出方が大きく違うと感じる。アウトプットを伴うことを前提にすると、勉強はやはり必要なものなのだ。
だからこそ、その時点での「勉強量」だけを論点にした「ゆとり教育」の導入は、問題の絞り込みが誤っていると感じるのである。


FRIのイベントでも、必ず「アウトプットの場」を大切にするし、それに対するFB(フィードバック)を重視している。例えば、名著をもとにプレゼンをして貰い議論をする、という事はしても、著名人を呼んでの単なる講演会のようなものは、決して行わない。ディスカッションであれ何であれ、とにかくアウトプットする場を必須としているし、出来る限り、アウトプットしっぱなしにならないようにしている。
なぜなら、良い話を聞いたからと言って、知識欲は満たせても、本当にそれが使えるようにはならないし、翌日から実際に使う人はまずいない。相手の成長に貢献できないことは、理念に照らし合わせてやるべきではないと考えるからだ。
そして、アウトプットの質を高めるのは評価、すなわちFBである。更に言えば、FBは行う人にとってのアウトプットの場だ。する側もされる側も、どちらも学びに繋がるし、考える時間を確実に確保できる。


少しイメージして欲しい。前に立って「自分の意見を話せ」と言われたら、「どうしよう」と何度も話す内容を推敲しないだろうか。更に、「話した相手に納得して貰え」と言われたら、今まで考えもしなかったくらい、頭をフル回転させるだろう。
そういったことを繰り返すことで、今流行りの脳科学的にも、脳の回路が再構成されていき、考える力が身についていくのである。
覚えて答えるだけでは、単なる(知識の)倉庫と同じだ。
知識を加工して新たな製品を作る(創造する)工場に、自分の脳を変えていくには、市場の評価を真摯に受けとめ、必要な投資を行い、日々の改善を欠かすことなく行うことが必要なのである。


【学校教育に押し付けず社会全体で解決すべき】


一つの解決策は、教育に企業や地域の力をもっと取り込むことである。
ハッキリ言って、教師に全てを押し付けるのはお門違いだ。但し、かわいそうだ、とか言うつもりはない。そもそも、大学を出て、社会経験もないまま教師になった人に、表面上ならいざ知らず、社会教育の深い部分までさせよう、というのはそもそも無理があるのだ。学校を社会に出るための予備校だと考えたら、社会に出ている人が社会経験を活かして教育に参画するのが、最も合理的である。寺子屋以前は、そうやって育ててきたのではないか。
更に、少し話はそれるが、モンスターペアレントも、自らが教える立場にたたされたら、きっと鳴りを潜めるに違いない。他人事だから、様々な要求が出来るのである。人間という生き物として、子供の教育に、責任を負わなくても良い部分など、本来は誰にもないはずなのだ。


方法論として具体的には、CSR活動として行っている企業による授業などを、一定規模の会社には義務化する。ディスカッションやプレゼンテーションのような授業については、企業研修をしている会社や仕事でそのような業務を行っている職種の人に担って貰えば良い。子供相手の難しさを乗り越えれば、実務にも役立つはずだ。私も、塾講師をしていた時は、子供の興味関心がバラバラで、なかなか苦労したものだし、FRI等で学生に理解して貰うのは、社会人に理解して貰うよりも、相当骨が折れるので、とても良い勉強になっていると思う。いかに自分が、無意識に自分の知識を前提に話してしまっているかがよくわかる。
こういった活動が定着化してくれば、例えば、一定規模の企業で働く人には、会社が社会活動に対して年一日の特定目的有給休暇を出させるようにし、自らが住む地域で教育活動に従事することを義務化しても良い。面倒がる人も多いだろうが、子供は社会で育てるのであれば、義務的に行うこともやって良いと思う。その中で、社会との繋がりを持つ父親・母親も出てくるだろう。
また、地域の団体、特に固有の文化や環境を守ったり研究しているようなところに協力して貰い、地域文化・環境についての授業を受け持って貰う。そういった団体は高齢者の方も多いし、世代を超えた交流も生まれるだろうし、子供は地元に対する興味関心も湧くだろう。まさに、一石二鳥だ。
地域単位で、発表の場づくりが出来れば、評価される機会も増えて、他の人の発表も聞けて、気づきの機会が増えるに違いない。学校の勉強、運動会、学芸会などに続き、子供の新たな活躍の場を提供することにもなる。
そして、学校はそういった時間を必ず確保させるようにし学校にそれを誘致させる。こちらも最初は義務とする必要があるだろう。学校という閉鎖環境から出るのは、大変な苦労を伴うと思うが、結果的には、先生自身の勉強にも繋がるし、社会との接点も確実に増やせるだろう。本当の意味での開かれた学校づくりに手を貸すことになるに違いない。
過疎地域については、一定地域から小旅行の形で集めて行う。そうすれば、企業側も協力しやすいし、子供は他校との繋がりも生まれ、視野を広げる一助になろう。


子供は、社会で教育する。それを掛け声だけに終わらせず具現化すれば、教師のような専門員を軸に、社会が力を出し合って学ぶ機会と幅を増やしていくことが欠かせないのではないだろうか。
当たり前の感覚で、アウトプットの場づくりをすることが、今、最も欠けていることではないかと考えるのだ。


最後に、大切なことに触れたい。
それは、「人は考えることが好きな生き物」であると言うことだ。
今まで、日本の義務教育を受け、受験勉強に明け暮れ、記憶力と知識だけが全てと思っていた学生が、徹底的に考え抜くことを求められ、苦しみながらも自分の意見をまとめて伝える。そんな場面に何度も立ち会ってきたが、例えそのアウトプットが、どのようなレベルであったとしても、彼ら彼女らは、「他では得られない経験」「これからもこういう経験をしていきたい」と話すのである。その時の目の輝きは、小さな頃に空き地探検で、擦り傷をたくさん作りながらも、色々なものを見つけた時と同じだと思うことがある。
私が、FRIの活動を続けるのは、その言葉を聞ける喜びと、そういった人の根源的なものを信じたいからだと思う。
大切なのは、覚えさせる時間を増やすことでも減らすことでもなく、気づきの機会を増やして、次の一歩を踏み出す手助けをすることだ。教育のやり方を少し工夫すれば、こういった子供達が日本中に溢れる日がきっと来るだろうと信じてやまない。
私達大人の義務として、決して「(教育先進国の)北欧で生まれていたら良かったのに」と子供が社会に出るときに思うような国に、日本をしてはいけないのである。
 
 
◆筆者紹介
FRI&Associatesの草創期メンバーで、現在NPO法人FRI&Associates 理事長。
外資系コンサルティングファームにて、事業戦略、業務改革、IT導入などを手がけたが、自身の仕事の関わり方に疑問を感じ、ベンチャー企業に転職。経験を活かし、経営・事業・商品・営業等の企画業務、ライン管理職、各種改革関連業務を担い、徹底した現場主義により業績拡大を支えつつ、多数の業界大手企業のマーケティングコンサルティングにも責任者として従事。業界特性を考慮した実践的なアプローチにより実績多数。その後、IT・ライフサイエンス領域の投資育成企業にて子会社の事業企画や経営改革、大手メーカーの機構改革などにあたった後、地元関西に戻り、計測機器メーカーにて、経営企画担当の上席執行役員として、各種改革業務および主要事業のマーケティング、事業開発などを推進する。現在は、大手監査法人にてメーカーを中心にビジネスアドバイザリーサービスを提供している。
 
FRI公式ツイッター(筆者が主担当です)
筆者個人ブログ「清水知輝の視点 ~ビジネス・キャリア徒然草~」

 

この記事の評価(平均点): 4.7/5 (これまで 27 人が評価しました)

  • Currently 4.7/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

FRIではご覧になった皆様の評価を常に大切にしています。良い評価も悪い評価も執筆者の大きな励みとなりますので、お気軽に☆マークをクリックしてこの記事を5段階で評価してください。

この記事へのコメント (3件)

どんなに頑張っても、日本人が日本で受けた高度と呼ばれる教育を持って、海外に行き、外貨を稼ぐことはできない。その点で日本の教育はすでに限界がある。なぜなら、日本人は日本でしか働くことができないからである。狭い日本で7、労働市場の奪い合いもしくは椅子取りゲームを繰り返すしかない日本人庶民。高度な教育を受け、国内で日銭稼ぎしかできない現実。

ゆとり教育によって順位をなくした、と言うところを詳しく説明してください!
お願いします

コメントありがとうございます。
ご質問の件は、調査されればかなりわかると思いますし、周辺の話も参考になるかと思います。是非、ご自身でトライなされてみてください。

コメントを投稿する

※投稿が完了するとメッセージが表示されます。投稿ボタンを押してから少々の間お待ちください。

カテゴリー別 最新記事

Current Topics
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
農政改革と地方再生を考える ~地域格差と農業再生~
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
「原発停止による電力不足」から考える ~太陽光発電活用とエネルギーミックスによる効率化の実現~
セカンドライフの今後を占う
スパ施設の今後を占う
「エコ」の見方
コムスン問題の論点 ~行政とマネジメントのミスリード~
商業施設出店の今後を占う
キャリア・就職
最適な就職先の選び方とは ~後悔しない企業・会社選択方法とキャリアプランニング~
非エリートキャリアのすすめ
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
将来の目標設定の必要性
「ベンチャー企業」か「大企業」か~就職先としての違い~
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「勉強」と「仕事」の大きな違いとは ~仕事の本質を探る~
就職活動からの自分ブランディング ~就職活動でやるべきこととは~
グローバル化がビジネスキャリアに与えるインパクト ~激動の時代を生き抜くために~
キャリアに対する考え方
データ分析
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
数値の本質を読む力とは ~インサイトによる実践的分析とシミュレーションの問題点~
デフレはいつまで続く? ~マクロ経済分析の限界とマーケット視点の重要性~
プロフェッショナル
学びと成長の本質とは ~学習能力と成果を高める方法~
知らずに陥る魔の思考停止とは ~仕事ができない・成果がでない理由~
プロフェッショナルな仕事とは ~そうでない仕事との違い~
答えに「する」力
なぜ、人の「成長スピード」に大きな差が生まれるのか
Morning Cafe Office
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
ホワイトカラーが陥る5つの落とし穴
塩一つで思考を広げることができるか
一流になるためのファッション
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
マネジメント・リーダーシップ
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
「軸」を定める ~課題遂行における本質とは~
リーダーに求められる力・必要とされる力
部下の叱り方
マネジメント力4 ~優れた上司とは~ 『成果を出すためにどうすべきか』
ファシリテーションの本質
リーダーの役割
マネジメント力3 ~優れた上司とは~ 『異性(男性・女性)の部下のマネジメント方法とは』
パワーミーティング
マネジメント力2 ~優れた上司とは~ 『優れた部下育成のあり方とは』
マネジメント力1 ~優れた上司とは~ 『管理職におけるビジネス社内情報管理術』
チェンジマネジメントの本質
女性社員の扱い方
マーケティング・ブランディング
マーケティング力を高める7 『ニーズを生みだす~商品・サービス開発の方法論~』
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
10万円の高級靴は結局得になるか?
間違いだらけのマーケティング
マーケティング力を高める6 『ブルーオーシャン戦略(BLUE OCEAN STRATEGY)』
マーケティング力を高める5 『新マーケティングミックス』
マーケティング力を高める4 『コミュニケーション・ミックス』
マーケティング力を高める3 『コンセプトを打ち立てる』
マーケティング力を高める2 『ターゲットを絞る』
売上至上主義の弊害~日本企業が陥る過ち~
マーケティング力を高める1 『マーケティングとは何か』
ICHIKAMIに見るブランディング戦略
マーケティングの飛躍とその理由 ~マーケティングが企業の命運を担う日~
仕事術・思考方法
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~
仕事は対応を後回しにするほど、業務量が増える ~仕事がはやい人の法則~
仮説と勘を分けるもの
仕事のスケールをあげる
モチベーションの上げ方
コミュニケーション力のインパクト
問題解決力を鍛える方法
問題意識の無いところに、問題解決は無い
仕事が「はやい人」と「おそい人」の違いとは
提案力・営業力
お客さまの心をつかむとは
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
日常スキル
日経新聞はこう読む
コイの処方箋
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
業種・業界・職種
機能しない情報システム部
コンサルタントを活用「できる」会社と「できない」会社 ~元コンサルタントが語るコンサルタント活用法~
企業の再生・育成の仕事 ~真のハンズオンとは何か~
時代遅れなメーカーの実態
コンサルティングの現場とは
経営戦略論
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
企業参謀
戦略立案の実務
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
コストワールドとスループットワールド

著者別 最新記事

創設者 河合 拓創設者 河合 拓
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
企業参謀
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
仕事のスケールをあげる
10万円の高級靴は結局得になるか?
戦略立案の実務
間違いだらけのマーケティング
コミュニケーション力のインパクト
答えに「する」力
部下の叱り方
問題解決力を鍛える方法
Morning Cafe Office
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
アンストラクチャーなテーマに軸をはる

 >>他記事はこちら(記事一覧)

スタッフ 木原 工スタッフ 木原 工
お客さまの心をつかむとは
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
日経新聞はこう読む
セカンドライフの今後を占う
将来の目標設定の必要性
スパ施設の今後を占う
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
商業施設出店の今後を占う
 スタッフ スタッフ
モチベーションの上げ方
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
問題意識の無いところに、問題解決は無い
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
リーダーの役割
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
時代遅れなメーカーの実態
キャリアに対する考え方
スタッフ 宮崎 善輝スタッフ 宮崎 善輝
コイの処方箋
「エコ」の見方
理事長 清水 知輝理事長 清水 知輝
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~

 >>他記事はこちら(記事一覧)

理事 高橋建人理事 高橋建人
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
仮説と勘を分けるもの
  • RSS