FRI トップ > FRIコラム > 仕事術・思考方法 > 仕事のスケールをあげる

仕事のスケールをあげる

2008年2月 1日 by 創設者 河合 拓   

創設者 河合 拓

 新人の仕事のやり方の効率が悪いのは、マルチタスクができないからだ。簡単に言えば、与えられたタスクを一つだけこなすのが精一杯という状態である。

 非効率な仕事のやりかたの特徴は、工程をシーケンシャル(直列)に並べ、前工程から後工程へ一つづつこなしてゆくというやり方であるが、ラーメン屋さんでもこんな仕事のやりかたをしている人はいない。手際の良い主婦でも洗濯をしながら料理をするなど朝飯前で、おそらくホワイトカラーだけではないかと思われる。


 マルチタスクというのは、工程をパラレル(同時並行)でこなすスキルだが、これができるようになるためには、仕事の真の目的の理解と全体像(各工程の依存性、つながり)が頭に入っていないとダメだ。結局はどうなるの、なんのためにやっているの、ということがわかっていれば、必要でありかつ十分なミニマムタスクに分解し、また、そのミニマムタスクはどの程度の時間をかけて、どの順番でやれば全体が最適化されるかということがわかるからだ。


 さらに、全体感の見える人は、特有の頭の使い方をする。それぞれのタスクに期限をつけ、その期限から逆算して必要所要量を計算するということである。これに対して、直列にしか仕事ができない人はタスクに期限をつけず、「善処します」とか「着実に一歩一歩進めます」とか抽象論で語り、直近のタスクを積み上げてゆく。だから、突然、「これをやれ」と言われたら、期限のないタスクはすべて後ろにいってしまい、いつまでたってもタスクは完成しない。また、必要条件は語れるが十分条件をみないため、仕事は自己増殖的に増えてゆく。


 タスクに期限をつけられる人は、突然「これをやれ」といわれても、「ええ、今週は20%が別のタスクで埋まっていますので、80%の時間を割くことができます。だから、着地は2週間後になります」と答えられる。また、3週間後でよければ、工数を60%に押さえることができるので、さらに20%の時間をつかって別のタスクもいれられる。だらだら仕事をする人は、60%で終わらせられる仕事も無駄なことをやって時間を埋め80%を使ってしまう。だから、何度聞いても、「私は忙しい」というのだ。


 仕事は必ず目的がある。そして、必要なタスクは、その目的を必要かつ十分な工程に分解したものであり、この設計ができれば所要量計算ができるはずだ。また、所要量計算ができれば、一日24時間のどの部分を使えるかを計算することができる。つまり、マルチタスクができるのである。


 新人が経験者にスキルアップする瞬間が、このマルチタスク処理スキルの向上である。私自身、入社して3年目まではマルチタスクができず、上司からいつも怒られていた。


 一般的に、新人の教育方法として、マルチタスクを行う前に、まず、しっかりとシングルタスクをやらせてみようという考え方がある。若手も腕試しにマルチタスクを経験し、すったもんだして「すいません。やっぱり自分には無理でした。当分、シングルタスクに専念させてください」とアピールする人もいるが、これは間違いである。


 私も、同じアピールを上司に行った。しかし、上司のやりかたは逆だった。彼は、「おまえのように要領の悪いやつは、シングルタスクじゃなくてマルチタスクの嵐の中で苦しむ必要がある」と言って、私に5倍、10倍の仕事を無理矢理やらせたのだ。しかし、これがよかった。5倍、10倍の仕事をしていると、ある種の「割り切り」が見えてくる。いや、正確に言えば、「割り切り」ではなく、「無駄をやめる」という意識といっても良い。この地獄の特訓を経た後で、ある程度マルチタスクが処理できるようになった上で過去を振り返ると、自分のやっていた仕事の80%は無駄なことではなかったのかと思えるほどだった。それほど、最終アウトプットと関係ない仕事をやっているのが実態なのだ。


 考えてみれば、仕事に本当にシングルタスクなど存在するのか、という疑問もある。たとえ、仕事そのものがシングルタスクであっても、その中にある詳細な工程は、すべてパラレルに動いているはずだ。シングルタスクと思っていても、段取りが悪かったり優先順位が逆だったり、ようは要領が悪いのはマルチだろうが、シングルだろうが同じなのである。そう考えれば、私の鬼上司の荒療治も合理性がある。つまり、物理的に不可能なレベルでのマルチタスクをこなすことで、意識的に全体感をつかもうとし、すべてフィニッシュさせるために無駄な部分をそぐということを意識的にやりはじめる。。。 


 こんなところから、仕事のスケールはあがってゆくのかもしれない


上記は、私のメールマガジン FRI Magazineからの抜粋です。もっと読みたい人はこちらまで
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/09/P0000975.html

 

この記事の評価(平均点): 4.5/5 (これまで 11 人が評価しました)

  • Currently 4.5/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

FRIではご覧になった皆様の評価を常に大切にしています。良い評価も悪い評価も執筆者の大きな励みとなりますので、お気軽に☆マークをクリックしてこの記事を5段階で評価してください。

コメントを投稿する

※投稿が完了するとメッセージが表示されます。投稿ボタンを押してから少々の間お待ちください。

カテゴリー別 最新記事

Current Topics
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
農政改革と地方再生を考える ~地域格差と農業再生~
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
「原発停止による電力不足」から考える ~太陽光発電活用とエネルギーミックスによる効率化の実現~
セカンドライフの今後を占う
スパ施設の今後を占う
「エコ」の見方
コムスン問題の論点 ~行政とマネジメントのミスリード~
商業施設出店の今後を占う
キャリア・就職
最適な就職先の選び方とは ~後悔しない企業・会社選択方法とキャリアプランニング~
非エリートキャリアのすすめ
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
将来の目標設定の必要性
「ベンチャー企業」か「大企業」か~就職先としての違い~
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「勉強」と「仕事」の大きな違いとは ~仕事の本質を探る~
就職活動からの自分ブランディング ~就職活動でやるべきこととは~
グローバル化がビジネスキャリアに与えるインパクト ~激動の時代を生き抜くために~
キャリアに対する考え方
データ分析
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
数値の本質を読む力とは ~インサイトによる実践的分析とシミュレーションの問題点~
デフレはいつまで続く? ~マクロ経済分析の限界とマーケット視点の重要性~
プロフェッショナル
学びと成長の本質とは ~学習能力と成果を高める方法~
知らずに陥る魔の思考停止とは ~仕事ができない・成果がでない理由~
プロフェッショナルな仕事とは ~そうでない仕事との違い~
答えに「する」力
なぜ、人の「成長スピード」に大きな差が生まれるのか
Morning Cafe Office
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
ホワイトカラーが陥る5つの落とし穴
塩一つで思考を広げることができるか
一流になるためのファッション
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
マネジメント・リーダーシップ
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
「軸」を定める ~課題遂行における本質とは~
リーダーに求められる力・必要とされる力
部下の叱り方
マネジメント力4 ~優れた上司とは~ 『成果を出すためにどうすべきか』
ファシリテーションの本質
リーダーの役割
マネジメント力3 ~優れた上司とは~ 『異性(男性・女性)の部下のマネジメント方法とは』
パワーミーティング
マネジメント力2 ~優れた上司とは~ 『優れた部下育成のあり方とは』
マネジメント力1 ~優れた上司とは~ 『管理職におけるビジネス社内情報管理術』
チェンジマネジメントの本質
女性社員の扱い方
マーケティング・ブランディング
マーケティング力を高める7 『ニーズを生みだす~商品・サービス開発の方法論~』
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
10万円の高級靴は結局得になるか?
間違いだらけのマーケティング
マーケティング力を高める6 『ブルーオーシャン戦略(BLUE OCEAN STRATEGY)』
マーケティング力を高める5 『新マーケティングミックス』
マーケティング力を高める4 『コミュニケーション・ミックス』
マーケティング力を高める3 『コンセプトを打ち立てる』
マーケティング力を高める2 『ターゲットを絞る』
売上至上主義の弊害~日本企業が陥る過ち~
マーケティング力を高める1 『マーケティングとは何か』
ICHIKAMIに見るブランディング戦略
マーケティングの飛躍とその理由 ~マーケティングが企業の命運を担う日~
仕事術・思考方法
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~
仕事は対応を後回しにするほど、業務量が増える ~仕事がはやい人の法則~
仮説と勘を分けるもの
仕事のスケールをあげる
モチベーションの上げ方
コミュニケーション力のインパクト
問題解決力を鍛える方法
問題意識の無いところに、問題解決は無い
仕事が「はやい人」と「おそい人」の違いとは
提案力・営業力
お客さまの心をつかむとは
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
日常スキル
日経新聞はこう読む
コイの処方箋
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
業種・業界・職種
機能しない情報システム部
コンサルタントを活用「できる」会社と「できない」会社 ~元コンサルタントが語るコンサルタント活用法~
企業の再生・育成の仕事 ~真のハンズオンとは何か~
時代遅れなメーカーの実態
コンサルティングの現場とは
経営戦略論
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
企業参謀
戦略立案の実務
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
コストワールドとスループットワールド

著者別 最新記事

創設者 河合 拓創設者 河合 拓
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
企業参謀
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
仕事のスケールをあげる
10万円の高級靴は結局得になるか?
戦略立案の実務
間違いだらけのマーケティング
コミュニケーション力のインパクト
答えに「する」力
部下の叱り方
問題解決力を鍛える方法
Morning Cafe Office
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
アンストラクチャーなテーマに軸をはる

 >>他記事はこちら(記事一覧)

スタッフ 木原 工スタッフ 木原 工
お客さまの心をつかむとは
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
日経新聞はこう読む
セカンドライフの今後を占う
将来の目標設定の必要性
スパ施設の今後を占う
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
商業施設出店の今後を占う
 スタッフ スタッフ
モチベーションの上げ方
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
問題意識の無いところに、問題解決は無い
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
リーダーの役割
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
時代遅れなメーカーの実態
キャリアに対する考え方
スタッフ 宮崎 善輝スタッフ 宮崎 善輝
コイの処方箋
「エコ」の見方
理事長 清水 知輝理事長 清水 知輝
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~

 >>他記事はこちら(記事一覧)

理事 高橋建人理事 高橋建人
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
仮説と勘を分けるもの
  • RSS