FRI トップ > FRIコラム > 仕事術・思考方法 > 問題意識の無いところに、問題解決は無い

問題意識の無いところに、問題解決は無い

2007年8月10日 by スタッフ   

 スタッフ

最近、大前研一の「ロウアーミドルの衝撃」という本を読んで文字通り、「衝撃」を受けた。みなさん、大前研一のことはご存知のことと思うが、この本では彼が分析し予想する、日本社会の現状と将来像について、斬新な意見が述べられている。「斬新」とは書いたが、彼が本書で述べている分析や論理構成を聞くと、彼の主張が実は「斬新」でも何でもなく、日本の現状をありのままに描いていることがよく分かる。この本を読みながら、私自身は「問題解決力」というものについて、大きな気づきを得られた。今日はそれについてお話ししたい。

 
【本書を読んだ衝撃】
最初に断っておくが、大前研一の本のすばらしさを述べることが、本書の目的ではない。伝えたいのは、日本でも有数の問題解決者である大前研一の本書の視点をもとに、「問題解決力とは一体何か?」、「どうやったら問題解決力を向上させることができるか?」ということである。

この本で彼は、日本がもう十数年も前から長期衰退の時代に陥っていること、現在の景気回復の市況というのは一時のまやかしでしかないこと、その衰退の多くは日本のシステムや政治に端を発していることを辛らつに述べている。この本を読んで、私は頭をハンマーで殴られたような大きな衝撃を受けた。まさか日本がそんな状況に陥っていることとは、露ほども認識していなかったのだ。経済や政治にも大して興味が無く、日本は世界第二位の経済大国なんだから、最近は昔ほどの勢いは無いにしても、今後もある程度のレベルでの経済活動は続いていくだろうと漠然と感じていた。
しかし、現在の日本社会は問題ばかりであること、このまま行くと日本の経済、ひいては日本という国自体が成り立っていかないことなど、そこに述べられていた内容は、私の漠然とした思いを根底から覆すものだった。(興味のある方は、ぜひこの本を購入して読まれることをお勧めします)

その時、私が感じたことは、いかに私が今の日本の社会の状況や将来像に対して問題意識を持っていなかったかということである。これだけの状況の中にありながら、私はそのことに何も気づかず、のほほんと毎日を過ごしていたのである。新聞やテレビの情報に踊らされ、内閣がどうだ、輸入の規制がどうだと知った気になって、その実、問題の本質は何一つ分かっていなかった。


【問題解決の第一歩は、問題意識を持つことである】
みなさんのまわりにも、どうしたらよいか分からないようなことに対して、しっかりとその問題の根源をとらえ、それに対して具体的に何をすれば良いかを提示できるという、問題解決力の高い人がいるはずです。その人と我々の違いとは一体なんでしょうか? もちろん、論理的な思考能力であったり、仮説思考能力、分析力といろいろとあるでしょう。ただ、そもそもの問題で、決定的に大きくことなるのは、「問題に対する問題意識があるかないか」です。

つまり、問題解決力の高い人は、様々なことに問題意識を持っています。大前研一の日本社会に対する問題意識がまさにそれです。一方、問題解決力の無い人は、問題に対して問題意識自体ありません。同じ事象を見ても、「ああ、そうなんだ」と頭の右から左に受け流す人とと、「なぜそうなっているんだろう?、本当にそうだろうか?」と考える人と、問題自体を正確に把握しその原因を追究する力、また、その問題に対する解決策を提示する力が同じはずがありません。
 
 
【問題意識を持てば、問題解決力は高まる】
会社にお勤めの方は、会社の内部の問題について考えてみて欲しい。例えば、業務の効率化の問題、人の組織の問題、営業上の問題などなど、会社における問題の多くは、「そもそもその問題自体が誰にも認識されていない」ということが多いはずだ。
非効率な業務のやり方を、「これが昔ながらのやり方だから」とか、「今までこれでやってきたから」と何の疑問も抱かずにやり続けたり、商品の営業スタイルを、時代や顧客のニーズに合わないにも関わらず、同じ過ちを延々と行い続けて売上が上がらなかったりと、そんなことのオンパレードなはずである。

また、自分自身の能力の向上や自己改善についても同様である。みなさんは、自分自身の性格や考え方の改善すべき点を明確に意識できているだろうか? 自分がどういう欠点や問題点を持っていて、どういった能力を鍛えるべきなのか、正確に意識できているだろうか?皆さんのまわりにもいつまでたっても成長できない人がいるはずである。彼の何が問題かというと、自分自身の問題点に気づいていないことであるはずだ。

以上のように、世の中で解決されないで残っている問題の多くは、その原因が「問題として認識されていない」ことに起因している。人間は、問題として特定したものについては、ある程度の原因の分析や解決策の提示はできるものなのだ。最初は多少の長短はあるにしても、問題意識を持ち、解決策を提示する訓練をしていれば、その制度はかなりのレベルまで高まる。ただ、そもそも問題意識が無いものには、対処のしようがない。断言していいが、その人は一生かかっても問題解決者になることはできない。

「問題意識の無いところに、問題解決は無い」
「問題解決者への第一歩は、問題意識を持つことだ」

この言葉の意味と重みを分かっていただけただろうか? みなさん自身が真の問題解決者となるためには、常にこのことを意識してみてもらいたい。あらゆる事象に対して、「何か問題はないだろうか?」、「その問題とは一体何なのか?」を常に意識してみてほしい。1年経てば、皆さんの問題解決能力は、飛躍的に向上しているに違いない。


◆著者紹介
三島 正寛 (みしま まさひろ)
総合電機メーカーにて営業企画を経験後、企画部門のあり方に限界を感じ、自ら志願して現場の営業に異動。新規商品の事業拡大・販路開拓の営業に従事。2年間で多大な実績を残し、事業拡大に大きく貢献する。
現在、FRIの副代表理事。FRIがNPO法人化する以前から組織の運営参画し、早4年になる。今後、ますますFRIという組織を拡大・成長させるために代表の清水とともに日々奮闘中。

 

この記事の評価(平均点): 3.9/5 (これまで 16 人が評価しました)

  • Currently 3.9/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

FRIではご覧になった皆様の評価を常に大切にしています。良い評価も悪い評価も執筆者の大きな励みとなりますので、お気軽に☆マークをクリックしてこの記事を5段階で評価してください。

この記事へのコメント (3件)

私は今18歳の浪人生です。大学受験に向けて勉強していますが、自分は一体何がしたいのか、大学で何をしたいのかに悩んでいました。学びたい気持ちはあるものの、何のために学ぶのかという明確な目標も将来への希望も欠如していた為にやる気が起きなかったのです。単に良い会社に就職するためといった理由で大学は目指せませんでした。こんな時代に贅沢な悩みかもしれません。けれどそれでは、受験さえも突破できません。今の日本や世界のニュースを見ていても気が滅入りそうなものが多いですし、希望を持ちにくい社会です。しかし、私は社会に貢献できる人間になりたいと思い、そのため問題意識を持つ必要を感じて見つけた記事がこれです。私は、自分がニュースを視聴している時でも自分が傍観者的な考えで――無関心です―しかその報道を観ていないことを知っていたので、自分で自分に危機感を持ったのです。やはり問題解決には問題意識が必要なんですね!問題解決のためには体系である教養を身に付けることも大事なことと思うので、なんとか大学受験も頑張れそうです。まとまりのないメッセージで申し訳ありません。けれど、やはり問題解決には問題意識と、学びが必要だとよく理解できてよかったです。この記事を書いてくださってありがとうございます。

私も大前研一先生同様、わが国の社会状況を懐疑的な見方で見ておりました。
大前先生の指摘は、さもありなんという指摘であり、私が考えるに1996(平成8)年頃のNTTの再編問題で、わが国の政府は巨大電話会社・NTTに対して改革の精神をないがしろにし、持ち株会社という形態に変えて、玉虫色の再編しか出来なかった・・・。
そして、このNTTの改革問題が、わが国・日本経済全体の足を引っ張る原因になったと私は分析しております。
私たちの国・日本の現状は、さながら立花隆氏の著作のタイトル「滅びゆく国家」です。
この国に今現在、必要なもの、それは改革でしょう。
日本のNTTは、さながら社会主義諸国の国営電話会社のようなものです。
NTTの改革を始めとする経済改革、警察改革などの行政改革、政治改革、教育改革etc.
わが国・日本国再生の処方治療は、改革でしょう。
政府が改革を実行出来なければ、立花隆氏の著作のタイトル名が現実味を増すと私は考えます。

兎に角、わが国・日本国を再生する処方箋は、世直し・社会改革(NTT改革、経済改革・政治改革・警察改革・教育改革etc.)であり、世直し・社会改革は焦眉の急と言えるでしょう。

コメントを投稿する

※投稿が完了するとメッセージが表示されます。投稿ボタンを押してから少々の間お待ちください。

カテゴリー別 最新記事

Current Topics
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
農政改革と地方再生を考える ~地域格差と農業再生~
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
「原発停止による電力不足」から考える ~太陽光発電活用とエネルギーミックスによる効率化の実現~
セカンドライフの今後を占う
スパ施設の今後を占う
「エコ」の見方
コムスン問題の論点 ~行政とマネジメントのミスリード~
商業施設出店の今後を占う
キャリア・就職
最適な就職先の選び方とは ~後悔しない企業・会社選択方法とキャリアプランニング~
非エリートキャリアのすすめ
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
将来の目標設定の必要性
「ベンチャー企業」か「大企業」か~就職先としての違い~
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「勉強」と「仕事」の大きな違いとは ~仕事の本質を探る~
就職活動からの自分ブランディング ~就職活動でやるべきこととは~
グローバル化がビジネスキャリアに与えるインパクト ~激動の時代を生き抜くために~
キャリアに対する考え方
データ分析
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
数値の本質を読む力とは ~インサイトによる実践的分析とシミュレーションの問題点~
デフレはいつまで続く? ~マクロ経済分析の限界とマーケット視点の重要性~
プロフェッショナル
学びと成長の本質とは ~学習能力と成果を高める方法~
知らずに陥る魔の思考停止とは ~仕事ができない・成果がでない理由~
プロフェッショナルな仕事とは ~そうでない仕事との違い~
答えに「する」力
なぜ、人の「成長スピード」に大きな差が生まれるのか
Morning Cafe Office
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
ホワイトカラーが陥る5つの落とし穴
塩一つで思考を広げることができるか
一流になるためのファッション
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
マネジメント・リーダーシップ
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
「軸」を定める ~課題遂行における本質とは~
リーダーに求められる力・必要とされる力
部下の叱り方
マネジメント力4 ~優れた上司とは~ 『成果を出すためにどうすべきか』
ファシリテーションの本質
リーダーの役割
マネジメント力3 ~優れた上司とは~ 『異性(男性・女性)の部下のマネジメント方法とは』
パワーミーティング
マネジメント力2 ~優れた上司とは~ 『優れた部下育成のあり方とは』
マネジメント力1 ~優れた上司とは~ 『管理職におけるビジネス社内情報管理術』
チェンジマネジメントの本質
女性社員の扱い方
マーケティング・ブランディング
マーケティング力を高める7 『ニーズを生みだす~商品・サービス開発の方法論~』
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
10万円の高級靴は結局得になるか?
間違いだらけのマーケティング
マーケティング力を高める6 『ブルーオーシャン戦略(BLUE OCEAN STRATEGY)』
マーケティング力を高める5 『新マーケティングミックス』
マーケティング力を高める4 『コミュニケーション・ミックス』
マーケティング力を高める3 『コンセプトを打ち立てる』
マーケティング力を高める2 『ターゲットを絞る』
売上至上主義の弊害~日本企業が陥る過ち~
マーケティング力を高める1 『マーケティングとは何か』
ICHIKAMIに見るブランディング戦略
マーケティングの飛躍とその理由 ~マーケティングが企業の命運を担う日~
仕事術・思考方法
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~
仕事は対応を後回しにするほど、業務量が増える ~仕事がはやい人の法則~
仮説と勘を分けるもの
仕事のスケールをあげる
モチベーションの上げ方
コミュニケーション力のインパクト
問題解決力を鍛える方法
問題意識の無いところに、問題解決は無い
仕事が「はやい人」と「おそい人」の違いとは
提案力・営業力
お客さまの心をつかむとは
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
日常スキル
日経新聞はこう読む
コイの処方箋
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
業種・業界・職種
機能しない情報システム部
コンサルタントを活用「できる」会社と「できない」会社 ~元コンサルタントが語るコンサルタント活用法~
企業の再生・育成の仕事 ~真のハンズオンとは何か~
時代遅れなメーカーの実態
コンサルティングの現場とは
経営戦略論
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
企業参謀
戦略立案の実務
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
コストワールドとスループットワールド

著者別 最新記事

創設者 河合 拓創設者 河合 拓
JAL 国内線ファーストクラス導入を分析する
企業参謀
航空会社は機内食をコンビニのお弁当にせよ
仕事のスケールをあげる
10万円の高級靴は結局得になるか?
戦略立案の実務
間違いだらけのマーケティング
コミュニケーション力のインパクト
答えに「する」力
部下の叱り方
問題解決力を鍛える方法
Morning Cafe Office
フレームワークから考えてはいけない
ダイナミックストラテジー
アンストラクチャーなテーマに軸をはる

 >>他記事はこちら(記事一覧)

スタッフ 木原 工スタッフ 木原 工
お客さまの心をつかむとは
ジョブキャリアとヒューマンキャリア
大企業と小企業のどちらに就職すべきか
日経新聞はこう読む
セカンドライフの今後を占う
将来の目標設定の必要性
スパ施設の今後を占う
文章は誰でもきれいにかける(2)
文章は誰でもきれいにかける(1)
商業施設出店の今後を占う
 スタッフ スタッフ
モチベーションの上げ方
『朝青龍問題』に見る、マスコミ報道の論点整理力のなさ
問題意識の無いところに、問題解決は無い
ダメな会議、ダメな上司、ダメな仕事
リーダーの役割
営業力強化のポイント3 『顧客と正しく付き合う』
営業力強化のポイント2 『自信を持つ・強みを持つ』
営業力強化のポイント1 『ストーリーを描く』
もしももう一度就職活動をやりなおせたら・・・
「あいまい」は「無責任」のあらわれ
プロフェッショナルとは?
時代遅れなメーカーの実態
キャリアに対する考え方
スタッフ 宮崎 善輝スタッフ 宮崎 善輝
コイの処方箋
「エコ」の見方
理事長 清水 知輝理事長 清水 知輝
地方創生の本質とは ~抽象論では地方は再生しない~
大阪都構想を考える ~賛否を判断する視点・論点~
ビッグデータの本質とは ~その特性・限界から考える活用範囲~
アイデアを実現し成果をあげる方法 ~新しい事を成功させる秘訣とは~
【ケーススタディ】日本国家改革論 第三章『地方自治(政治・行政)のあるべき姿とは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第二章『国家財政基盤の構造改革におけるポイントとは』
【ケーススタディ】日本国家改革論 第一章『国家のトップのあり方とは』
優れた叱り手とは ~部下を伸ばす叱り方~
東日本大震災の中長期的復興政策とは ~社会資本整備と財政基盤、原発問題を考える~
日本における教育の問題点と学力低下 ~ゆとり教育はなぜ失敗したのか~
議論がうまく進まない理由とは ~無駄な会議を減らし成果をあげる方法~
シンプルに捉える秘訣 ~切り分けることの重要性~
リーダーシップにおける3つの勘違いとは ~リーダーの真の役割を考える~
ビッグピクチャーを描け ~改良改善の積み重ねでは真の改革・創造は生まれない~
コストをかければサービスが良くなるのか? ~サービス向上で陥る罠と嘘~

 >>他記事はこちら(記事一覧)

理事 高橋建人理事 高橋建人
五郎丸ポーズから考える習慣力
なぜ一年の計は失敗するのか
意思決定の科学
仮説と勘を分けるもの
  • RSS