FRI トップ > FRI紹介 > FRIとは

FRIとは

【FRIの目指すもの】

FRIの活動を通じ、ビジネスに限らず、あらゆる環境・組織においても、自らの足で立ち、自らの手で人生を切り開き、周りの人と協同していく、強い自立心と信念、高い受容力と実行力を併せ持った「次世代リーダー」人材の育成を目指します。


【活動理念】

国籍、肩書き、年齢、性別などの背景や立場を超えて志高い人が集い、生産的な議論と活動による確実な実行を通じて、参加者(会員と顧客)の心豊かな生活とキャリア・スキルの向上、そして、身近な社会に対する貢献を実現します。


    


【「FRI」の意味】

  


それぞれにおいて尊重する価値観の頭文字をとっており、その価値観を共有する仲間を表すために、「FRI&Associates」という組織名称をとっています。


【FRIの活動】

FRIは2000年から活動を開始し、2004年よりNPO法人となりましたが、常に、「理念の実現」を目的とする経済活動を含むあらゆる社会貢献活動を行ってきました。
過去の実績も含め、学生向け就職支援会や社会人向け異業種交流会・キャリア支援などの人材育成とネットワーク活動、産学協同プロジェクトのプロデュース、政策提言などの社会改革活動、中小企業支援やNPO設立・運営支援など多岐にわたっていますが、基本的な活動のスタンスは、NPO自体の理念である「社会貢献」という軸でくくられています。

また、活動理念にも掲げられているように、理念を共有できる人であれば、どのような立場の人でも気軽に参加できるオープンな環境作りをすることで、多様性を尊重し、参加する全ての人が主役となる事を目指します。
FRIには、先生と生徒、という関係はありません。また、その学習対象を限定している事もありません。多様な観点を相互に学びあい、立場を尊重しあい、それを外部にも発信していく事で、自らもより多くを得ることを目指しています。


  


【FRIの歴史】

2000年 任意団体として活動を開始
2001年 就職支援活動を開始
2002年 繊維業界再生プランを策定し、大前研一氏や山崎拓氏、Mr. Luca Marzotto に提言
      中小企業向けコンサルティングを開始
2003年 専修大学にFRIインタラクティブエデュケーショナルプログラムを提供
      産学協同プロジェクト(伊藤忠商事・専修大学)を企画・実施
      学生・若手社会人向けリーダー育成ビジネスプランコンテスト FRI Camp を開始
2004年 社会人向けキャリアセミナー、キャリア支援、会員向け知見交換会活動を開始
      NPO法人化(特定非営利活動法人 FRI&Associates 設立)
2006年 本格的に活動を関東から関西に広げる
2007年 会員向けテーマ勉強会、若手社会人向けビジネスベーシックスキルセミナーを開始
2008年 関東代表・関西代表を置き、両地域での活動を同じ水準で展開
      コンテンツ提供や社会人スタッフ派遣など、学生団体の支援を活発化
      キャリア情報誌「Type」とタイアップ企画等を展開


【組織概要】

正式名称:特定非営利活動法人 FRI&Associates
(会社法人等番号 0201-05-001411)

会員数:44人 (2007年6月現在)
会員構成:理事/運営会員(スタッフ)/一般会員
(理事:4名、監事:1名、専従員:0名)

主な活動地域:関東(東京、神奈川)、関西(大阪、兵庫)
(今後も活動地域を増やしていく予定です)


【定款に記載されている活動内容】

この法人は、一般の人々に対して、就職支援活動および職務能力の向上に寄与する教育活動を行い、併せて産業の活性化を推進させる企業等向け経営コンサルティングに関する事業を行うことで雇用機会の拡充と経済活動の活性化に寄与することを目的とする。

(1) 経済活動の活性化を図る活動
(2) 職業能力の開発または雇用機会の拡充を支援する活動

この法人は、上記の目的を達しするため、特定非営利活動法人にかかわる事業として次の事業を行う。

(1) 人材育成事業
(2) 情報提供・ネットワーク事業
(3) コンサルティング事業

 

<<前の記事
理事紹介

>>次の記事
代表挨拶