Header Photo  
   
     
 

                                             ◆ テーマ課題

     「スキー場の利益向上のための、具体的な提案をしてください」

※ 与えられた課題はたったこれだけでした。とらえどころの無い課題に対して、どのチームも かなり苦戦して

  いましたが、自分たちなりに課題を解釈・定義し、最終プレゼンにおいて、アウトプットを提示してくれました。

◆ 最優秀チーム チーム 「やんすけ」

                          

チームリーダー: 中林さん

チームメンバー: 鬼頭さん、本間さん、稲田さん、唐澤さん

苗場スキー場に対して、ジブリと提携した一大テーマパークの提案を行ったこのチーム。

ジブリのコンテンツがスキー場という大自然とマッチングしていて、非常にイメージの沸く提案でした。

提案内容がポイントが絞られており、わかりやすく、かつ、独自性に富んでいる点が高く評価されました。

また、質疑応答でのプレゼンテーション力は圧巻でした。

「ジブリは本当に特定のスキー場と提携するのか?」という実現性の部分を各チームやスタッフから

突っ込まれたにもかかわらず、堂々と一つ一つを論理的に説明し返す姿には、感心させられました。

中林くん、念願の優勝おめでとう!!


◆第二位 チーム 「    第三位 チーム「渡辺」

チームリーダー: 樟さん

チームメンバー: 関根さん、古謝さん、松本さん

優勝チームと同様、提案が非常に具体的でイメージしやすかったこのチーム。ヘビーユーザーがスキー場の利益に大きなインパクトを与えることに着目し、初心者たちをヘビーユーザー化することに着目した顧客の会員化の提案はおもしろかったです。

ヘビーユーザーをもっとセグメントし、各層がどのような志向や行動特性をするのかを解明した上で、「だからこの会員制なら顧客を囲い込みできる」という流れに持っていければよりよかったです。

また、会員制はどのスキー場もすぐマネできてしまうので、その点も検討してみるといいですね。

松本くんのキレ味の鋭さには感心させられました。


 

チームリーダー: 渡辺さん

チームメンバー: 元吉さん、河口さん、中尾さん、松尾さん、天野さん

白馬五竜に対して、ファミリー向けの囲い込みの提案をしたこのチーム。

スキー場を取り巻くマクロ分析やデータ分析の緻密さ、そこから示唆を導き出す論理性には感心させられました。

ただ、スキー人口が減っているから、パイの大きいファミリー層を取り込もうという方向性は多少安易過ぎる印象は持ちました。

また、若者向けに強みを持っている白馬五竜において、ファミリー層にシフトすることが利益創出につながることなのか、そのあたりがしっかりと検証されていると説得力ももっと増したと思います。

天野くん、渡辺くんがチームを牽引して、それぞれのメンバーもそれぞれの役割をしっかりと果たした良いチームでした。

◆第四位 チーム 「ジャパン佐々木   ◆第五位 チーム 「鬼頭

チームリーダー: 佐々木さん

チームメンバー: 矢代さん、嘉戸さん、西山さん、吉田さん

食事の質を向上させることによって、スキー場の利益を向上させようと提案してくれたこのチーム。佐々木さんの独特のプレゼンテーションが非常にわかりやすく、印象的でした。

食事の質の改善がスキー場の利益の向上にどれだけインパクトがあるのか、その点をもっとしっかりと根拠を持って説明できると参加者からの納得も得られたんだと思います。

また次回リベンジしてください!!

 

チームリーダー: 鬼頭さん

チームメンバー: 高橋くん、堀江くん、吉田くん

スキー場にお笑いのよしもとを連れてこようと提案してくれたこのチーム。

リピーターの獲得に、「なぜお笑いなのか?」、「本当にお笑いでいけるのか?」、「よしもとは本当に提携してくれるのか?」、そのあたりを厳しく突っ込まれてしまいましたが、良くがんばっていました。

今回は非常に悔しい思いをしたと思いますが、各人のポテンシャルやチーム作業で話していた内容は非常にクリティカルだったと感じています。

ここから挽回して、次回はぜひ優勝してください!!